Kiwi Birdlife Park

NZ紀行 Day7・鳥の楽園ニュージーランドの鳥をKiwi Birdlife Parkで見てきたよ。

クイーンズタウンを出発の朝、出発前に一人だけ別行動でKiwi Birdlife Parkという鳥の動物園に行ってきました。
ニュージーランドは鳥の楽園といわれているほど変わった鳥が多いんです。

Qweenstown Skyline
Kiwi Birdlife Parkの入口横にあったQweenstown Skylineはゴンドラで登っていってクイーンズタウンの街やワカティプ湖をみることが出来るらしいです・・・が、この日はご覧の通り雲がかぶっていて見晴らしがいいとはいえないでしょうね。

Kiwi Birdlife Park
まぁ、オレが興味があるのはこちらのKiwi Birdlife Parkなので大丈夫。午前9時のオープンと同時に入場しました。

日本語音声ガイドシステム
ここはなんと日本語の音声ガイド付きなんです。飼育されている鳥の説明や、このパークの創設ストーリーを日本語で案内してくれます。案内を一つづつ聞きながら回っていって、全部回るまで40分ぐらいかな。

Kiwi
まず最初にあったのが、ニュージーランドを代表する飛べない鳥キウィ(Kiwi)。夜行性のために真っ暗なブースで飼育されていました。ホントに真っ暗で暗室のような赤いランプでピントが合わない・・・マニュアルでなんとか撮影成功。ウズラぐらいを想像していたんだけど、思いのほか大きくてニワトリぐらい。忙しく地中の餌を探していました。

KIA
こちらはKIAというオウムの一種で、とても賢くて人懐っこい性格で、自動車のワイパーなどを齧ってしまうこともあるんだとか。飛べないわけじゃないんだけど、ゆっくり歩いて移動していました。

New Zealand Falcon
これは移動中にも時々見かけたニュージーランドファルコン。カッコイイ。

Yellow Crowned Parakeet
このインコも一度だけ野生のを見たなぁ。イエロークラウンインコっていうらしい。こんなのが野生にいるってスゴイですよね。


午前10時になってKiwiの給餌イベントがあったので、それを見てみんなと合流することにしました。給餌用のKiwiのブースの奥にはトゥアタラ(ムカシトカゲ)というこれまたニュージーランド固有種の爬虫類がいました。額に第三の眼を持つといわれているのが特長で、成長に連れて目立たなくなっては行くものの、感覚器官としては機能しているようです。ホントに面白い動物がいっぱいいるなぁ。

NZ紀行

  1. ANAのマイルを使ってビジネスクラスで北京へ
  2. 北京からAir Chinaでニュージーランド上陸!
  3. Day1・ロストバゲージとクライストチャーチの夜
  4. Day2・C ONE ESPRESSOで朝食を
  5. Day2・レンタル自転車でクライストチャーチ市内散策
  6. Day2・ランチはRe:STARTのBASEで窯焼きピザ
  7. Day2・これぞKiwi料理!?肉4種盛りとスモークサーモン
  8. Day3・3人集合!レンタカーでレイク・テカポへ
  9. Day3・アオラキ・サーモンとテカポの星空
  10. Day4・ニュージーランド最高峰のマウント・クック(の麓)へ
  11. Day4・マウント・クックを見ながら肉を喰らう!ワインも忘れずに。
  12. Day5・タスマン氷河のグレイシャー・エクスプローラーに行ってきた。
  13. Day5・こんな仔羊料理もあったんだ!The Wrinkly Ramsのラムシャンクが絶品!
  14. Day5・ワイナリー巡り01 – RIPPON VINEYARD
  15. Day5・ハウィーア湖畔は強風の夜でした。
  16. Day6・ワイナリー巡り02 – Aurum Winery
  17. Day6・ワイナリー巡り03&04 – Quartz Reef Wines & Carrick Wines
  18. Day6・バンジージャンプ発祥の地で3-2-1-Bungy!!
  19. Day6・ワイナリー巡り05&06 – Peregrine Wines & Chard Farm Vineyard
  20. Day6・5日ぶり!クイーンズタウンでスーツケースと再会したよ。
  21. Day7・鳥の楽園ニュージーランドの鳥をKiwi Birdlife Parkで見てきたよ。

コメントを残す