恥ずかしながら・・・UBER初体験。バンコクでUBER BLACKを呼んでみた。

恥ずかしながら・・・UBER初体験。バンコクでUBER BLACKを呼んでみた。

今日の午後、コワーキングスペースに行こうということで移動方法を考えていたところ、Uberを使ってみようということになりました。
実は・・・Uber初めてだったんです。ドキドキ。

Uber App
バンコクでサービスが始まったことも知っていたし、それがグレーゾーンでサービスが廃止になるかもという話題も知っていましたが、使ったことはありませんでした。というのもアジアで人気のGRAB TAXYで以前呼んだことがあったんですが無視されたり、タイ語しか通じなかったり(そもそも電話をかけてくる必要ないのに・・・。)でタクシー配車アプリはタイでは使えないと思い込んでいたからです。

TOYOTA CAMRY 2012
そうこうしているうちに友人M氏がササッとUberでUber Black(高級車)を配車依頼し、10分ほどで迎えに来てくれました。車は真っ黒なTOYOTA カムリの2012年モデル。ピンクやグリーンのタクシーが当たり前なバンコクでは黒いタクシーがなんだか不思議です。東京や台湾では運転手が降りてきてドアを開けてくれるらしいんですが、バンコクではそのまま自分でドアを開けて乗り込む形でした。それでも運転手は清潔な格好をしているし、車内にはペットボトルの水が用意されていたりとなかなかの高級っぷりです。

iPad miniで対応
こちらがiPhoneアプリで配車した情報はセンターコンソールに設置されたiPad miniで表示され、言葉をかわすことなく目的地まで伝わっているのでかなり便利です。

革張りシートで快適!
料金は通常のタクシー料金の約1.5倍〜2倍ぐらい。とはいえ、日本に比べてはるかに安い料金なのに乗車拒否やメーターを使わないボッタクリが多いので交渉や安全性を考えると十分利用価値はありそうですね。このサービスがいつなくなるのか、もしくは認可をとって続けられるのかは今のところ分かりませんが、使えるうちは使った方がいいかもしれませんね。安心安全なタクシーは海外では貴重ですよ。

登録がまだの方はこちらのクーポンがお得です。

Uber App
カテゴリ: 旅行
価格: 無料

コメントを残す

Previous post 浴衣にコスプレに特大ダンボー!JAPAN EXPO in Thailand 2015に行ってきました。
Next post バンコク シーロムのコワーキングスペース「LAUNCHPAD(ローンチパッド)」に行ってきました。

translation

Category

Archives

Twitter