うるま市・12周年の「いこい処 うさぎ」で大好きな銘柄ばっかり飲み比べさせてもらいました。

うるま市の「うさぎ」が12周年ということで、お祝いを兼ねて行ってきました。
たまたまいいタイミングでオレの好きな銘柄が勢揃いでとっても満足なひとときとなりました♪

いこい処 うさぎ
うるま市の赤道、サンエーの裏にある「いこい処 うさぎ」は、このところコロナの影響もあっていまは完全予約制となっていますが、一人でもふらっと立ち寄れる居心地の良さと美味しいお料理と日本酒、焼酎などがいただけるお店です。

お通し
お通しは、日によって変わりますがいつも豪華。志林川豆腐の奴、れんこんの梅肉和え チャンジャ。
まずはスプリングバレーのタップ・マルシェ生で乾杯。

勝駒
日本酒に移行してからがヤバかった。大将が「どこかで見てたのかと思うぐらいいいときに来たね」と言ったのがこのあとのラインナップで分かった。
まずは富山県の「勝駒 純米酒」。うまいなぁ。甘めながらかすかな酸味ですーっと消えていくような儚くキレイなお酒。

お刺身盛り合わせ
この日のお料理はすべておまかせで、まずは「お刺身盛り合わせ」。
マグロ赤身、中トロ、サンマ、ヤリイカ・・・貝は何だったけな。

髙千代 高龍 朱
2杯目は新潟県の「高千代 髙龗(こうりゅう:高龍) 朱」。高千代酒造が2017年より5年もの間、繰り返し改良を重ねてきた新銘柄がいよいよリリース。個人では買うことができなかったのが飲むことが出来た〜。高千代らしい華やかでフルーティな味わい。最初は確か飲食店限定だったはずだけどいまでは個人でも買えるのかな?

ローストビーフ
ふわっと舌でとろける食感のローストビーフも絶品。キレイなロゼ色だなぁ。

雨後の月
そんなローストビーフに合わせるのは、広島県の「雨後の月 純米大吟醸」の白鶴錦と岡山朝日の米違い飲み比べ。
マスカットのような爽やかでフルーティな飲み口は似ているけど、白鶴錦は優等生的なバランスで岡山朝日は甘み強めの華やかな味わい。個人的には岡山朝日が好きかなぁ。いや、どっちも美味しいけども!

白子
痛風持ちの天敵「白子ポン酢」。

而今 純米吟醸
5杯目はなかなかレアな、三重県の「而今 純米吟醸 酒未来 無濾過生」。
珍しいのは十四代を醸す「高木酒造」の開発した酒米「酒未来」を使っていること。旨味はもちろんですがキリっとドライなのがいい。

ここで、出されたのがここには載せられない「アレ」。火の通し加減が絶妙でトロっと柔らか。最高だなぁ。
また食べたいんだけど・・・。

栄光富士 THE PLATINUM
最後の一杯は山形県の「栄光富士 THE PLATINUM 純米大吟醸」。珍しい酒米「雪女神」を使ったお酒で、華やかでフルーティながら33%まで磨いたとってもキレイなお酒です。

13年目は泡瀬にあったBar Ladybirdの復活も予定されているそうなのでこっちも期待。また面白いウイスキーのお話もしたいですね〜。
これからもよろしくお願いします!

いこい処 うさぎ
沖縄県うるま市字高江洲1050-3
098-973-8743
営業時間:18:00~24:00
定休日:日曜日(加えて祝日の月曜日)

うさぎ割烹・小料理 / うるま市)

夜総合点★★★★ 4.0

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。