GWの台湾で小籠包を食べよう!その2・詠豐堂(EIHODO)

台湾二日目のお昼も小籠包!崋山1914からタクシーで5分ほどのところにある詠豐堂(EIHODO)に行ってきました。

詠豐堂(EIHODO)
詠豐堂をEIHODOって読むってことは日本人も多いのかな?中国読みでは「ヨンフェンタン」。

店内
店内はそれほど広くないけど、明るくてキレイ。清潔感がある店っていいですよね。

小籠湯包
まずは基本の小籠湯包。中が透けて見えるほどの薄皮の中には熱々のスープがたっぷり。ぷるんとモチっと。

はしゃぐ大人たち
小籠包の登場にはしゃぐ大人たち。

蟹味噌小籠包
蟹味噌小籠包は濃い味ながらあっさり目。初日の杭州小籠湯包が濃厚すぎたか。

蝦焼売と蒸し餃子
海老焼売は翡翠皮で見た目もキレイ。プリプリ度MAXですわ。蒸し餃子はシンプルで間違いない味。

肉粽(ちまき)
台湾南部名物の肉粽(ルーソウ)がデカくて2人で1個でも十分なくらい。今まで食べたものは椎茸やタケノコが入っているものが多かったけど、ここのはシンプルに豚肉だけ。とはいえ餅米を炊きこんでいる出汁にはいろいろ使われているんでしょうね。複雑な旨味が凝縮していますよ。
上海点心って出汁の味が立っているものが多くて好きだな〜。

詠豐堂(EIHODO)
台北市済南路三段27之2號
02-2731-3177
営業時間:11:00〜21:00
定休日:無休

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。