最終日もバンコク市内を満喫〜タイ・バンコク旅行記:6日目・昼〜

バンコクの中心地、サイアムに戻ってきて待ち合わせまで時間があったので高級デパート「サイアム・パラゴン」の地下にあるSIAM OCEAN WORLDに行ってみました。


デパートの地下とは思えないほど大小様々な水槽があって、タカアシガニやオウムガイなど海水浴じゃ見れないものが人気のようです。とはいえ、主な客層は欧米人ファミリーですが。個人的に淡水魚コーナーが気に入りました。タイは東南アジアの中でも有数の淡水魚生息地なので研究も盛んなんでしょうね。ジオラマ風のレイアウトが雰囲気出ていますね。大型淡水魚コーナーではなんと餌やり体験ができるらしい。でも・・・2000バーツ(約6000円)!?それはヤル人いないでしょ。オレなんて今日の朝ごはんは70バーツ(約210円)だったのに(笑 ダイバーによる餌やり、グラスボート、海中トンネルなど結構見どころもたくさんあります。周りの物価から考えると900バーツ(約2700円)は高い気がしますが、家族連れには割引チケットもあったりと結構楽しめると思いますよ。


お昼は水族館の上の階にあるフードコートで90バーツの惣菜三種盛りとカオ・ニャオ・マムアン。ほぼ毎日、ランチ(ブランチ)にフードコートに行っていたけど、全然飽きないな〜。こんなフードコートが沖縄にも出来ないかな。

食事の後はスクンビットに移動して最後のマッサージ。先日行ったワット・ポーのマッサージスクールのスクンビット校で、こちらもそこの生徒さんが格安でやってくれるので安心です。しかもここは日本人が多く住む地域だということで、日本語が通じるのでこちらも安心ですね。
今回の旅で3回マッサージに行ったけど、それぞれ特徴があったなぁ。バキバキ鳴らされるところもあれば、ひたすらギューッと押すところ。どの方法も痛気持ちいいんですけどね。オススメはやっぱり最後に行ったワット・ポー マッサージスクール。でも、ここは個室なので、皆でワイワイ言いながら受けるには最初のチャイ・ディーがいいかもね。


夕方、小腹がすいたのでサイアム・パラゴンの裏にある5つ星ホテル「Siam Kempinski Hotel」のロビーラウンジでアフタヌーンティをしてみました。雰囲気いいなぁ。ちょっとずついろんな軽食&デザートが食べれて、紅茶も美味い。最高だな♪ フードコートのデザートもいいけど、たまにはこんな贅沢も旅の楽しみかと。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。