沖縄タイムス「らくら」にレシピが掲載されました。

先日、取材を受けていた「男のがっつり料理」のレシピが、今日(6月3日)の沖縄タイムス朝刊の副読誌「らくら」6・7月号に掲載されました。

男のがっつり料理

男の料理と言うことでどうしても肉中心になってしまうところでしたが、クライアントさんの意向で多少沖縄の野菜も入れるレシピに変更しての提供となりました。

もちろん、麻婆豆腐の島豆腐も普通にスーパーで見かける豆腐で作っても全然問題ありません。
むしろウチでは絹ごし豆腐で作る方が多かったりしますので(大人の事情ってヤツねw
それと、よくある質問は豆鼓(トウチ)ってどこで売ってるの?ってのですが、これは、業務用スーパーや輸入食材店などで手に入ります。

あと、ジンジャーエールは今回は男っぽく辛いジンジャーエールを作りたかったので、普通の根ショウガ+黒糖で作りましたが、これを辛味の少ない新しょうが+上白糖で作れば、レモン汁を入れた瞬間、ピンク色に変わってキレイなジンジャーシロップが作れますよ。

めんどくさがりやなオレのレシピなので、基本的には簡単です。
ぜひ、作ってみてくださいね。

PDF:らくら 6・7月号(協力:株式会社 沖縄タイムス社、光文堂コミュニケーションズ株式会社)

9 thoughts on “沖縄タイムス「らくら」にレシピが掲載されました。

  1. レシピ、参考にしてみます!
    次回は「めざせ、イイ男!」特集でお会いしましょう!爆

  2. > st0823さん
    めざせいい男特集見てないから分からないんですよ〜。Tさん載れそうでした?w

  3. 見ましたーー! おいしそー!!
    パスタ食べたい!肉まん食べたい!魚飯食べたい!
    カワさんが作ったヤツ!!!

  4. > なっちゃん
    ありがとうございます。ぜひ、作ってみてくださいね。

    > 食べ部ぶちょさん
    えー、作るんじゃなくて作ったのが食べたいんですか!?
    今度ウチ来なさい(笑

    > 宮城博人さん
    そっちでも中華材料揃うかな〜?
    揃ったら、ぜひ作ってみてくださいね。

  5. カリフォルニアには、中国人たくさん住んでいるから中華食材は、沖縄よりもずっと手に入りやすいよ〜。サンフランシスコの中華街は世界一の大きさらしいし。自分でもよく中華を作るんだけれど、Kawaさんの麻婆豆腐がすっごいおいしそうに見えるんだよね、だから試してみたい。
    ただ、こっちのアパートはだいたい電気コンロだから火力の調節がむずかしい。

  6. ジンジャーエール、手作りのって本当においしいですよね。
    レシピ拝借して、我が家でも作ってみます。

  7. > 宮城さん
    そっか。ChinaTownはデカイし、何でも揃うよね。
    そんなに鍋を振る事はないので、電気コンロでもできますよ。頑張って〜。

    > しゅうこちゃん
    手作りジンジャーエール美味しいですよね。
    ぜひ!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。