津市・この道入っていいの!?山奥でアマゴ料理を食べてきました。

先週末は地元四日市で友人の結婚パーティに参加するために帰省していました。
パーティの日の昼に友人がアマゴを食べに行こうというので連れて行ってもらいました。

道なき道 その日は実家に迎えに来てもらって、移動すること約2時間・・・。遠い、遠かった。
津市の山奥、榊原温泉近くまで来たのって初めてかも。店の看板が見えてからがすごかった・・・こんな道を進んでいくのですが、知り合いの車じゃなかったら拉致されたかと思うかも(笑

一ノ坂 やっと見えた!雨の中入っていくと、小さな離れが数棟あって、その中のひとつに通されました。雨が降っていたので外観を撮り忘れてた・・・。

アマゴの水槽 事務所兼調理棟の建物の横にはアマゴの生け簀があってアマゴがいっぱい。奥にはイワナの入っている生け簀もありました。

岩魚の刺身 囲炉裏に炭を入れてもらってアマゴの塩焼きを焼いている間に、まずはイワナのお造りから。
コリッとした歯ごたえでくさみもなく美味しい。沖縄ではこういう川魚を食べられないから嬉しいなぁ。

アマゴの骨酒 運転もしなくていいので、アマゴの骨酒追加〜♪香ばしさと魚の旨味がぎゅっと染みた熱燗を、少し肌寒い山の中で呑むのは最高ですねぇ。2合なんてあっという間ですよ。ぽっ。

アマゴのバター焼き バター焼きは頭から尻尾までまるごといただけちゃいます。ニジマスのムニエルとも違う、もう少し繊細な肉質ですね。

アマゴの塩焼き 塩焼き焼けた!
遠めの炭火でゆっくりじっくり焼き上げた塩焼きはしっとりホクホクで、これは美味いっ!
ひっくり返したり、出て来る水を炭にかからないように吐かせたりする手間はかかるけど、これが味わえるなら手間は惜しまない。

アマゴの釜飯 小さめのアマゴが一匹まるごと入った釜飯です。頭と尻尾を取って、ざっと混ぜるとオコゲが。こりゃたまらん。

アマゴの釜飯と塩焼き このセットが食べられるなら2時間運転してでもまた来たいなぁ。そして冬のイノシシ鍋もいいなぁ♪またぜひ食べに来たいぞ!

一ノ坂(いちのざか)
三重県津市白山町上ノ村2080
059-262-3806
営業時間:11:00~20:00
定休日:水曜日(祝日の場合は翌日)


一ノ坂魚介・海鮮料理 / 東青山駅

昼総合点★★★★ 4.5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です