Safari

Safari 6.0でフォントを変更する

Safari6.0にアップグレードしたらWeb上のHTMLおよびCSSでフォント指定していないサイトはフォントがヒラギノ明朝で表示されるようになってしまいました。
以前のバージョンなら環境設定でフォントの種類やサイズを選べたのですが、バージョン6.0からはそれができません。

いや、できるんですけど、スタイルシートをローカルにおいて、そこでフォント指定しなければならなくなりました。
Webを少しでもかじっていればサクッと書いて「書類」フォルダにでも入れて、そのファイルを指定してやればいいんですが、慣れていない人にはちょっと敷居が高いような・・・。

というわけで、ヒラギノ角ゴシックでfont-familyだけ指定したCSSを作ってみました。

@charset "UTF-8";
body {
font-family: 'Hiragino Kaku Gothic Pro';
}

コピペするのもめんどくさい!って人はこちらをダウンロードして使ってください(笑
hiragino.zip

個人的にはヒラギノよりもメイリオが好きなのでメイリオを指定して使っています。
あと、ドギツい青のリンク色ももう少しおとなしい色に・・・。

コメントを残す