Eclipse 120521

金環日食(沖縄は部分日食ですが。)

今朝、午前7時前後に太陽が月の影に入りリング状になる日食「金環日食」が本州では約900年ぶりに見られました。

沖縄では完全なリング状になることはない「部分日食」まででしたが、前日の雨がウソのように欠け始めた瞬間から雲が途切れて太陽が顔を出してきました。
昨夜寝るまでは、多分曇り空で見ることが出来ないだろうと諦め半分でいたのですが、念のため6時に目覚ましをかけておいて正解でした。
デジイチのレンズの先端に感光したポジを2枚重ねでセットして撮影。

6:09頃、右上から欠け始めました。
そこから60%ほど欠けるまでは順調に晴れていたのですが、それ以降は薄曇りになってしまった。
それでもフィルタを1枚にしたりしながら撮影。

7:13
沖縄での最大食が訪れた時は一部濃い雲に覆われ、肉眼でも眩しくなく見ることが出来ました。
写真は最大食事にフィルタなしで撮ったもの。
リング状ではなく、三日月のような部分日食ですが、なかなかキレイに撮ることができました。
日食時は2009年の日食同様にヒンヤリとした一瞬でした。

さて、次回の天文ショーは?
金環日食なら30年後に北海道で。本州なら300年後らしい。
でも、6月6日に太陽の前を金星が通過する金星の太陽面通過が起こるようです。
今回日食が見れなかった人も、日食観察メガネは捨てない方が良さそうですよ。

金環日食(沖縄は部分日食ですが。)” への2件のフィードバック

  1. きれいっすね〜。うちの父はレンズなかったから、大型テレビの画面を撮影してました(^^;

コメントを残す