鮨し人

富山県・飛び込んだ寿司屋はミシュランの星付き!?鮨し人で絶品握りを食べてきました。

富山で寿司が食べたくて、Google Mapsで「寿司」と入力して出てきた近くの店に入ってみたら・・・。
今まで食べた寿司の中で一番美味かった!

鮨し人
Google先生の画面にはたくさんの回転寿司屋が表示されるんですが、その中から「回転しない」店を選んで入ったのがここ「鮨し人(すしじん)」。扉を開けると酢飯のいい香り〜♪運良く予約無しで入れたのですが、最初はここがどんな店かも分かっていませんでした。

小丼
炊きあがったばかりのご飯に黒酢だけでシャリを作っているので、最初は握ることが出来ないこともありこの形になっているんだとか。小丼はマグロの中落ちとイクラです。
毎日12時丁度に炊きあがるようにしていて、そこからシャリを作るんですね。だから扉を開けた時にいい香りがしたんだ・・・。毎日同じ時間に同じことをすることが大事なんだとか。

茶碗蒸し
具が入っていない玉子だけの茶碗蒸しは井戸水と梅だけで味がつけられているシンプルなもの。これが衝撃的に美味いんです。

白エビと甘エビ
富山といえばエビ。今の時期は「旬の甘エビ、迎えの白エビ」といってどちらも美味しい時期で最高なんだそうです。いや、最高っていわれなくてもこれを食べればわかりますよ。

タラバガニ
タラバガニ。砂糖を使っていない黒酢だけのシャリなのでカニの甘さが引き立っています。

ハタ
ハタ。コリッとした歯ごたえはまさに白身の王様です。すべての握りは大将が醤油を塗ってくれるので、そのまま口に放り込みます。

フクラギ
フクラギ。フクラギってのはブリの若魚。富山といえばブリだけど、まだちょっと早くて今はフクラギなんだそうです。寒ブリじゃなくても脂がノッて美味しいですよ。

タイの昆布締め
タイの昆布締め。この日、予約を入れていた方が赤身が苦手ということで白身が多い仕入れになっていたんですが、白身だと黒酢だけのシャリには合わないということでほぼすべての白身に何らかの手間がかけれいていました。

アジの昆布締め
青魚(アジ)ももちろん手間がかかっています。鯛とは違う昆布で締めているそうです。

アジの塩締め
こちらのアジは酢と塩で締めてありました。

漬けマグロ
漬けマグロ。色の割に醤油の塩っぱさはなくネットリとした旨味が口の中に広がります。

魚汁
魚汁。見た時は味噌汁かと思ったのですが、塩も使っていない魚のアラとエビの殻だけを煮詰めて作った汁でした。とにかく濃厚で鍋を食べた後のような満足感がありました。

ねぎとろ
〆はネギトロの巻物。ご飯よりも多いマグロと大量のワサビが最高!

塩アイスモナカ
デザートは炭火でじっくり焼き上げた最中に塩アイスをはさんで。カリカリの食感がいいですね〜。

大将の木村 泉美さん
食べ終わった跡に大将といろいろお話をさせてもらいましたが、これがスゴイ経歴をお持ちの方でして・・・。
独学で寿司屋を始め、これまでに2件潰したという大将の木村 泉美さん。
理想の師として銀座 あら輝の荒木氏を慕いながら、いつしか荒木氏と一緒に握るまでになったという。一時期はあら輝を任せるとまで言われたけど富山を離れることを嫌い、それを拒否。今では荒木氏も唸るほどの実力を得たという。
寿司屋の大将に似つかわしくないロン毛で、一張羅は革ジャンという泉美さん。かっこ良すぎです!!
まさか飛び込んだ寿司屋がこんな素敵な場所だったとは、我ながら持ってますね〜。ここはぜひ、今度は予約してでも行きたいお店でした。

鮨し人(すしじん)
富山県富山市新根塚町3-5-7
076-422-0918
営業時間:12:00~14:00 18:00~21:30
定休日:日曜 (祝日は営業、但し月曜が祝日の場合は日曜営業・月曜休業)

鮨人寿司 / 西中野駅小泉町駅広貫堂前駅

昼総合点★★★★★ 5.0

コメントを残す