バンコク シーロムのコワーキングスペース「LAUNCHPAD(ローンチパッド)」に行ってきました。

バンコク シーロムのコワーキングスペース「LAUNCHPAD(ローンチパッド)」に行ってきました。

Uberに乗って着いたのはシーロムのBTSスラサック駅近くの路地。
今回のバンコクで初となるコワーキングスペースに来てみました。

LAUNCHPAD受付
今回利用したのはSethiwan Tower(泰華大厦)の1階に入っているLAUNCHPAD(ローンチパッド)というコワーキングスペースです。ビルに入ってすぐ右手にあるレセプションで受付をして入りましょう。
今回は1Dayということで320B(約1,100円)。ちょっと高めかな?と思いましたが、場所や施設を考えると妥当かも。利用者登録にはパスポートが必要ですのでお忘れなく。申込用紙に必要事項を記入して、Wi-Fiのパスワードが書かれた紙と引き換えに代金を支払って準備完了。セキュリティのしっかりしたロックされた扉を開けてもらって入りましょう。

給湯室
まず案内されたのは給湯室。コーヒーなどフリードリンクもあり、冷蔵庫もあるので多少持ち込みもできそうです。

CoWorking Space LAUNCHPAD @Bangkok Silom – Spherical Image – RICOH THETA

FIX DESKプラン(1ヶ月、6ヶ月、12ヶ月で作業机を固定で借りるプランです)スペースはタイ人、欧米人だけでなく日本人も何人か利用しているようです。大きなディスプレイなどのレンタルもあるようです。

クッション&ソファスペース
このクッションスペースが快適で・・・。中には寝ている人もいるぐらい。オレもここでずーっと仕事していましたが、明るくて敷かれた人工芝が気持ちよくてホントに快適でしたよ。

バンコクのコワーキングなぅ。こりゃ快適だ〜。 CoWorking Space LAUNCHPAD @Bangkok Silom #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

天井が高くてホントに快適!

ミーティングルーム
ミーティングルームは3種類の大きさがあって、一番小さなこのタイプ(6人用)で1時間350B(約1,200円)(メンバーは100B)からということ。

2階部分がアプリ制作会社のオフィスになっているらしく、時々賑やかな声も聞こえますが、概ね静かで明るくて清潔で言うことなしな空間でした。住所の貸出利用もできるので会社の陶器もできそうです。その場合、一ヶ月あたり2,000B(約7,300円)。1年のFIX DESKプラン利用者は無料で住所が与えられるそうです。

コメントを残す

Previous post 恥ずかしながら・・・UBER初体験。バンコクでUBER BLACKを呼んでみた。
Next post バンコク ナナにある4&5 Food Centerで交流会をしてきました。

translation

Category

Archives

Twitter