アロー通り

マレーシアビジネスツアー2日目・食いだおれ編

2日目は先にエントリした会社訪問&商談もありつつの、恒例食いだおれツアーの開幕です。

ローカルなのにおしゃれな店
まずは手始めにランチは会社訪問先の担当さんとKL セントラル駅近くのNu Sentral(マレー語ではCentralではない)というショッピングセンターに入っているカフェへ。こんなにオシャレなのにローカル向けの安くて美味しい料理が食べられるんだとか。

ナシ・レマ・アヤム
注文したのはナシ・レマ・アヤム。ナシ・レマはココナッツミルクで炊いたご飯とゆで卵、小魚の佃煮みたいなのをサンバル(辛いソース)で食べる料理。アヤム(鶏肉)で一般的にはフライドチキンが乗っているらしい。ワンプレートでランチにいいですね。
ご飯は甘くなく、サンバルがめちゃくちゃ辛いので鶏肉にもご飯にも合うんですよ。

スス・ハリア
飲み物は「ローカルっぽいものは?」との質問に帰ってきたものを詳しく聞かずに注文してみました。
スス・ハリアといってショウガの絞り汁と砂糖を牛乳に混ぜたもの。甘くてショウガが強くて美味しい!個人的にはかなり好きになってオススメなんだけど、ダメって人もいました・・・美味しいのになぁ。でも、こっちのドリンクって全体的に甘すぎる傾向があります。
コンビニで売っているお茶やジュースもほとんどが激甘。絶対糖尿病になるって〜。

商談を済ませ、一休みしたあとは若者の街ブキッ・ビンタン地区へ行って、アロー通りという中華系の通りで晩御飯です。
通りの両脇に並ぶ中華料理の店はものすごい活気です。

アロー通り
皮をひん剥かれたカエルもこうなると美味しそうですよね。食べたかったなぁ。

カエル
どこのホテルも持ち込み禁止のステッカーが貼られている臭いフルーツ代表ドリアン。

ドリアン
そんな活気あふれるアロー通りの中でも、Rayさんが以前行って美味しかったという黄亞華小食店へ。看板に似ても似つかない黄色いミ●キーが描かれているのはナイショです。写真をアップできないじゃないか!(笑

エビマヨ
殻ごと食べられるエビマヨとか、

揚餃子
海老のすり身とパクチーの風味が美味しい揚餃子なんかをつまみながら。

食べ物を前に最高の笑顔
食べ物を前にすると最高の笑顔をしますね〜。

マナガツオの蒸し焼き
マナガツオの蒸したものはホクホクでウンマイ。

シーフードチャーハン
〆のシーフードチャーハンと激辛あさりスープが美味すぎてお腹いっぱい!!

盲目のマッサージ師
げふー。となりながらホテル近くに戻ってマッサージへ。
昼間に教えてもらった、盲目の方がやっているという「PB」というマッサージ店へ行ってフット・マッサージをしてもらいました。
これがまた気持ちいいんだ〜。台湾の足裏マッサージよりもマイルドで、それでいてきちんとツボを突いてくる。歩き疲れた足には最高ですね。

そんな最高な気分で部屋に戻ると・・・またトラブルが待ち構えていました・・・。
シャワーを浴びていて、シャンプーで泡々になった直後にバチン!とブレーカーが落ちました。ボイラーが切れてどんどん冷たくなるシャワーで泡を流しつつも、実は前日も同じようにシャワー中に落ちたので「やれやれ、まただよ・・・」程度でしか考えていなかったんですが、今度は部屋にあるブレーカーを戻しても電気がつかないんです。
しょうがなくフロントに伝えて作業員を呼んでもらったのですが復活できず。

というわけでルームチェンジ!ちょっとだけいい部屋になりましたとさ。
まぁ、エレベーターがその階に来ると「下」を押しても上がっていくというトラブルもありますが、そんなものはカワイイものです・・・(涙

コメントを残す