iPhone5

iPhone5のLTEは使い物になるのか!?

昨夜の発表からいろいろと情報が出てきていますが、実際のところiPhone5が「つながって」「はやい」のはどこなのかと。
通信関係の情報をかき集めてみました。

端末情報

まずは、iPhone5の端末情報から。
Appleのサイトから分かるように回線に応じて3種類の端末が用意されています。

まずモデルA1428(GSMモデル)と呼ばれるもの。
これはアメリカとカナダのLTE帯4と17に対応したもので、日本には関係がないモデルです。
日本で発売されるかどうかも不明。あるとしてもApple Online Storeだけかな?

次にモデルA1429(CDMAモデル)
これはアメリカと日本のKDDI(au)に対応したもので、LTE帯は1、3、5、13、25です。
auのLTE帯はこの1番2,100MHz帯を使うことになります。

最後がモデルA1429(GSMモデル)
これは日本のSoftBankをはじめ、ドイツ、イギリス、オーストラリア、韓国、香港、シンガポールに対応しています。
LTE帯は1、3、5で、SoftBankはこの1番2,100MHz帯を使うことになります。

端末別LTE情報

キャリア別LTEアンテナ数

じゃ、auとSoftBankどっちがいいの?って話になると思うのですが、まずはこの表を御覧ください。

  北海道 東北 関東 信越 北陸 東海 近畿 中国 四国 九州 沖縄
au 121 231 2185 30 2 476 6 1 0 383 31
SoftBank 501 946 2905 89 167 2455 304 1 8 1788 141

単純にアンテナの数だけでは判断できないとは言いますが。と前置きして。

四国、中国地方終わったな・・・という感想も出なくも無いですが(汗
ここ沖縄に関してはSoftBankがかなり優勢のようです。
とは言え、SoftBankの貧弱電波ですので、2,000MHzの帯域を3GとLTEで取り合いしたら・・・共倒れ確実。
SoftBankさんには早くプラチナバンドの強化をお願いして、3Gユーザーをそちらに移行して快適なLTE帯域を確保してもらいたいものですね。

キャリア移行

そして、先にあげた端末のアンテナの違いから、現行の4Sと違いiPhone5はau、SoftBank間で端末を使いまわせない事実が判明しました。
しょうがないとはいえ、使い回しが聞かないのは残念だなぁ。

テザリング開放

そして、朝から「KDDI版iPhone5はテザリングが開放される!」とのツイートをちらほら見ることがありますが、もしそうなったらSoftBankも何らかの対応をしてくるでしょうね。個人的には、テザリングを求めてauに移行殺到 → SB回線がスムーズになる → 1年以内にSBもテザリング開放 → スムーズな回線ウマー♪ というのを期待してます(笑

【追記】どうやらKDDIのテザリング開放は決定のようですね。
さぁ、SoftBankがどう動くか・・・見ものです。
Urtla Wi-Fi無料レンタルでもいいよ♪

というわけで、今回もiPhoneはSoftBank回線でいきます。
端末は32GBの黒。これだね。
21日が楽しみだ♪

iPhone5のLTEは使い物になるのか!?” への3件のフィードバック

  1. ウチは有無を言わさずSoftBank(32/Black)でございます。ウチ的な場合、auの通話とデータ通信が同時に出来ない(つまり、データ見ながらハンズフリーとかで会話)のが致命的。地図みながら「そこを曲がってね…」なんてのはダメです。

    それと、LTEですが、単純にバンドだけではないのでなんとも言えない状況であることは確かですね。今国内で最も使い勝手のよいLTEは悔しいけど?ドコモのLTE。それにどう迫れるか、というのが今後のSBなりauなりの課題ってところですかねぇ。

  2. V.J.Catkickさん
    データと通話が同時ができないってスマホには致命傷な気がするんですけど、みんな気にしないのかなぁ。
    更に言えば、テザリング可能になったと言っても3日間の合計が1GBを超えたら速度制限って、テザリングの意味なしだし・・・。
    というわけでSBで。まぁ、そんなコト気にしなくても結局SBなんですけどね。

コメントを残す