これで少しはIEも大人しくなる?

多くのWebクリエイターを悩ましてきたMSIEもこれで大丈夫?
このライブラリを読み込むことによりIE6以下でもIE7と同じようなXHTM/CSSの解釈を行ってくれます。
これで「IEだけレイアウトがが・・・」ってことがなくなればいいんですが。

マイコミジャーナルより

IE7.js登場 – IEのCSS/HTML非準拠はこれで対応
Dean Edwards氏は7日(米国時間)、IEの動作をW3C標準仕様へ準拠させるためのライブラリIE7.jsの最新版を公開した。IE7.jsはJavaScriptで開発されたMS Internet ExplorerのHTML/CSS表示を調整するライブラリ。IE7.jsを使うことでMSIEのHTML/CSSまわりの表示処理をよりW3C標準規約に準拠したものにする。IE5やIE6で透過PNGを表示できるようにもなる。

というわけで早速このBlogでも導入してみました。
何よりダウンロードしなくてもGoogleサーバから直接リンクで使えるというのもべんりですよね。

いかがでしょう?っていっても作った本人しか分からないかな?
細かな部分ですが多少ズレが直っている気がします。
極力IE5/6で不具合が出ないようにデザイン&コーディングしているので当然といえば当然ですけどね。

いまはまだ2.0βなので実用的ではないのかもしれませんが、このおかげでこれからは多少なりとも悩む部分が少なくなってくれたらそれでOKってことですね。

■設置
以下のコードをヘッダ部分に埋め込む。

<!--[if lt IE 7]>
<script src="http://ie7-js.googlecode.com/svn/version/xx.x/IE7.js" type="text/javascript"></script>
<![endif]-->

xx.xの部分はバージョン情報(現在のバージョンは『2.0(beta)』)に変更。

■透過png
利用したい透過pngに○○-trans.pngという名前をつければ透過されて表示されます。
これはかなり便利。

■positionプロパティ
position:fixedにも対応。
あまり使わないけど地味に便利。

■関連サイト
IE7.js
プロパティの詳細はこちら

コメントを残す