Adobe Shadow

Web開発者必見!Adobe Shadowってアプリがスゴイ。

先日AdobeがAdobe Labsで発表したAdobe Shadowってアプリがあるんですが、これがヒジョーに便利!

最近のWeb業界的には「スマホ対応」が声高に叫ばれていますが、いままでは対応させるデバイスそれぞれでURLを打ち込んで表示を確認していました。種類が多くなればその分リロードだけでも大変です。
それが、このShadowを使えば即解決しちゃいます。

まずは解説用ビデオをご覧ください(英語)。
英語だからよく分からないけど、便利そうでしょ。

用意するもの
Mac/Windows用 Adobe Shadow
Mac/Windows用 Google Chorome
Chorome用機能拡張
iPhoneやAndroid用 Adobe Shadow(App StoreやGoogle Playでお探しください)

準備
まずはMac/Windows用 Adobe Shadowをダウンロードしてインストールしておきます。
Google ChromeにChorome用機能拡張をインストールしておきます。
もちろん、iPhone、Androidにもアプリを入れておきましょう。
PC用、スマホ用アプリを起動して、スマホ画面に表示されたPINコードをChrome機能拡張に入力します。認識されれば準備完了。

使い方
両アプリを起動して、ChromeでWebサイトを表示させてみてください。
両方に同じ画面が表示されるはずです。
もちろん、Chromeのタブを切り替えたり、URLを入力するなどで新しいWebページを表示すると、同期しているデバイスの画面もそのWebページに切り替わります。

そしてこれだけじゃないShadowの機能に「リモートインスペクション」というものがあります。
モバイルデバイスに表示されたページのCSSなどをリアルタイムに編集することができるんです。これは便利。
ただでさえめんどくさいスマホ対応を少しでも楽にできればいいですよね。
すべて無料のアプリで構築できる環境ですので、是非ご活用ください!

Adobe Shadow App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

コメントを残す