ナハバナナ園

ナハバナナ園

友達家族と別れ、豊見城のメイクマンで買い物をした後で時間をもてあましてしまった。
夕方に香港から友達が来沖するので迎えに行くので2、3時間。
どこかで時間をつぶせないかな・・・。

と、思いついたのが「ナハバナナ園」。
名前にナハとついているが那覇にはなく豊見城で、メイクマンの目と鼻の先。

足場パイプで作られた大きな温室(総工費は5000万円らしいが一度台風で潰された過去あり)には「世界のバナナ」の文字が。
温室の扉を開けると、テレビを見てくつろぐおじさんと事務所らしきスペースに女性が一人。
突然の客に驚いたかのように「どこからきたの?」と駆け寄るおじさんに入場料300円/人を渡して、奥の扉から温室に進むのでした。

温室に入るとおじさんが説明テープの再生ボタンを押し、温室内に世界のバナナの説明が流れ始めます。
温室の中には5m近い高さに成長したバナナなどが所狭しと植えられています。
世界中にある約230種類のうち約80種類のバナナがここには育っているのです。
早足で歩けば一周3分ほどの温室なんですが、いろんなバナナの実の成り方や葉の色を見ていると、ついつい引き込まれてしまいます。
ココなにげに面白いぞ。

ゆっくりと温室を見て回った後でおじさん(実は社長の飯塚さん)にバナナの栽培方法についていろいろと話を聞かせてもらいました。
ちょうどウチにも一種類だけバナナがあるので土の作り方などを聞いて今後の栽培に活かそうかと。

ガイドブックにも載っていない変わったバナナ園だけど、熱帯植物好きには面白い場所かもね。
もちろん、社長さんとのゆんたくも込みのプランでぜひ。


より大きな地図で 沖縄観光ポイントマップ を表示

ナハバナナ園” への7件のフィードバック

  1. ここは近くを通った時から気になっていました。
    入場料がかかるのかぁ・・・

    雨の休日にチャレンジしてみよっと。

  2. > くにおさん
    300円という微妙な値段ですが、それでここが維持できるなら喜んで。
    変わったバナナの苗も売っていたので頑張って欲しいものです。

  3. ご無沙汰です。
    バナナ園さん お土産購入のために
    なんどか いきましたよ?
    欲しい分ずつを販売してくださるので
    いくつかのバナナを食べ比べできるので
    嬉しいですね

  4. >もんきち+さん
    行ったときもいろいろなバナナがありました。
    普通のフィリピン産バナナしか知らないと、かなりビックリしますよね〜。

  5. 突然の書き込み失礼致します。園主に頼まれ代理で「ナハバナナ園」閉園のお知らせを書き込ませていただきます。

    ————————————————————

    この度「ナハバナナ園」は園主の体調の都合により、
    平成22年11月いっぱいをもちまして閉園させて頂く事になりました。
    これまでのご愛顧を心より感謝申し上げます。

                                園主

    ————————————————————

    代理書き込み 沖縄バナナ http://www.okibanana.com/

コメントを残す