那覇市・農連市場近くの「客家荘」はリトル台湾だった。

那覇市・農連市場近くの「客家荘」はリトル台湾だった。

ここって前は「美華園」って名前で営業していたと思うんだけど、ある時通ったら「客家荘」に変わってた。
そして中華料理から台湾料理に変わっていた・・・台湾料理なら気になるぞということで行ってきました。

台湾料理 客家荘
大きな看板は「美華園」から「客家荘」に変えられていますが、ところどころ「美華園」の頃の面影は残っていますね。
コロナの感染予防対応店の申請は「美華園」の名前で出されていることから、経営母体は一緒なのかも。
店内は「美華園」の頃の1階を更に半分にした広さでした。

注文表
メニューは台湾の家庭料理や屋台料理がいろいろあって、本場台湾のように注文表に自分で記入して渡す方法でオーダーします。
メニューも注文表も台湾での呼び名がそのまま書かれているものがあるのでメニュー写真見比べて注文するのがいいかも知れませんね。

客家粽子
「客家粽子(300円)」は台湾ちまきですね。もちもちに蒸し上げられたもち米に豚肉、たけのこ、カシューナッツなどが入っていてとっても美味しい。
台湾で食べたものほど大きくないのでちょっとご飯物が欲しい時にいいですね。

台灣啤酒
ビールはもちろん台灣啤酒(タイワンビール)。

五彩水餃
色鮮やかな五色の水餃子は「五彩水餃(300円)」。皮の色はヨモギやウコンなどの天然色素です。中の具材は一緒で・・・というわけで味もほとんど一緒です。
それでもカラフルで楽しいですよね。

炸大腸
「炸大腸(500円)」はカラッと揚げられた大腸(ホルモン)です。サクサクと軽く、ビールのおつまみに最適。
沖縄のアンダカシーみたいなもんですね。
薄い塩味があとを引く〜。

蝦球
「蝦球(700円)」はエビマヨ。エビマヨのなにが「球」なんだろう?
大ぶりのエビで程よい甘味と酸味が、これまたビールに合いますね。下に敷かれた揚げた春巻の皮のようなものもサクサクと美味しい。

1人前が少なめなのでいろいろ頼めて、しかも安いので本当に台湾の居酒屋にいるような感覚に。
大人数でいろいろ頼んでいったら全メニュー制覇できそうですね(笑

客家荘
沖縄県那覇市壺屋1-18-33
098-943-3306
営業時間:11:00~15:00 17:00~19:00
定休日:無休

客家荘台湾料理 / 牧志駅安里駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

コメントを残す

レストランまちだ Previous post 西原町・さすがチキンの有名店!「レストランまちだ」のカレーはチキンたっぷりだった。
ステイゴールド Next post 那覇市・デニッシュ系がめちゃくちゃ美味しいパン屋「ステイゴールド」。

translation

Category

Archives

Twitter