新年会は鴨カモ?

昨日は名古屋時代からお世話になっている釣具屋redheadの店長夫婦&常連さんでの新年会でした。
お店の近くにある小さな居酒屋「呂地」を貸し切って今年のスタートを祝う大宴会です。

この日の目玉料理は鴨。なんと常連さんのYくんが鷹狩りでしとめてきたカルガモです。
朝、狩りに行って下処理をした状態の鴨は羽をむしられ丸裸。手際よくはさみと包丁で解体され、もも肉、胸肉、レバーそしてガラに。
ガラは味噌仕立ての鍋に。もも肉と胸肉は鉄板で焼いてニンニク醤油でいただきました。レバーも刺身でいけるほど新鮮。鶏よりはちょっとクセがあるけど旨い!
呂地鴨肉の刺身足つきのもも肉
新年早々大変貴重なモノをいただきました。Yくんありがとう!
鴨ガラで鍋を食べたあとはお店の女将さんからの提供で高級魚のクエ、スズキ、ズワイガニを次々と投入して贅沢鍋に。
鴨だけでもしっかり出汁が出ているのにクエの脂とカニの出汁が出て、最後に食べた雑炊まで美味しくいただきました。こんなにいろんな出汁が入った贅沢雑炊なんて滅多なことじゃ食べられませんよね。
それにしてもここの梅酒はうまかった。なんでもふつうホワイトリカーだけで作る梅酒を半分焼酎に変えて漬けてあるんだとか。まろやかで飲みやすくてゴクゴク飲んじゃいました。

今年はredheadの常連さんを集めて沖縄にも遊びに来るということなので、今度は沖縄でこっちがおもてなししないとね。
釣り好きで集まったみんなだからやっぱり釣りかなぁ。マグロ釣りでもいっちゃう!?

3 thoughts on “新年会は鴨カモ?

  1. ピンバック: けつログ
  2. >善麻呂さん
    散弾銃で撃たれて死んだカモと鷹に襲われて死んだカモは肉の固さが違うんだそうです。
    しかも新鮮。不味いわけがないですよね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。