名城園

滋賀県彦根市・彦根城の脇にディープスポット発見!焼肉「名城園」で近江牛を食べる。

正月明けに朽木に向かうために彦根入りしたとき、肉が食べたくなってググったらすぐ近くに「名城園」という店が見つかったので飛び込んでみた。

名城園
店構えは昭和の香りが残る田舎の焼肉屋さんって感じですね。暖簾をくぐり、飛入込みで入れるか確認すると、次の客が来るまで、カウンターだったら大丈夫ということでOKをもらった。

店内
店内に入ると常連さんたちが盛り上がっている。お世辞にもキレイとは言えない店内だけど、昔の焼肉屋ってこんな感じが多かったよなぁ。

時が止まっている
この一角は時が止まっているようだ(笑 オーブンや炊飯器がレトロでいいねぇ。
と、写真だけ見ると静かそうですが、実際は元気な女将さんがちゃきちゃきと働いていて活気のある店内です。

レバー
メニューは「おまかせ」のみ。価格は7,000円。何が出てくるかも分からずにそう聞くと高く感じると思うけど、新鮮な近江牛の焼肉コースだと思うと安く感じる。ブランドマジックだ(笑
まずは牛レバー。生でも食べられるほど新鮮なレバーです。

名城園
最近はあまり見ないガスグリルでサッと炙って食べるととろける舌触りで臭みもなく、美味い。レバ刺しが食べられなくなって長いけど、こんな新鮮なレバーなら大丈夫なんだけどなぁ。ともあれ炙れば合法なのでこのとろけるレバーは嬉しい。

タン塩
続いてはタン塩。すべての肉は女将さんがその場で包丁で切り出してくれるので基本厚め。タンも3mmぐらいあるのでサクッと歯ごたえ抜群です。切り置き、冷凍をしていないのでドリップも出ないし衛生的ですね。臭みがないのはこのおかげか。

牛刺
均一に脂の入った牛刺。口に入れると体温で脂が溶け、甘みが口中に広がる。ほぉぉ。いいねぇ。牛刺なのでもちろん生でも美味しいんだけど、こちらもさっと炙ってもイケる。

ハラミとホルモン
ホルモン系はハラミと小腸。柔らかなハラミとプリプリなホルモンは一味をたっぷり入れた醤油で食べると、意外とさっぱりと食べられて美味しい。この直前に鶏ももも出てきたんだけど、そこで出してもらった山椒をたっぷり付けてもいい。

じゅー。
脂が燃えて店内もくもくになるけど、これが昔ながらの焼肉屋のいいところなんだよねぇ。網の端っこの方でホルモンをじっくり「育てる」のが好きです♪

本来なら予約必須、汚い店内、そこそこのお値段となかなかハードルは高いけど、行く価値はあります。今度はちゃんと予約をとって来よう。あと、一人前が結構多いので、出来たら数人で行きたいところです。

名城園
滋賀県彦根市中央町4-3
0749-23-7606
営業時間:18:00〜22:00
定休日:

名城園焼肉 / 彦根駅ひこね芹川駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6

コメントを残す