タメトモハゼ

絶滅危惧種が釣れたぞ!ド派手なタメトモハゼを釣ってきました。

11月も半ばの沖縄。気温はまだ25度オーバーと陽気のいい週末にメッキ釣りに出かけました。

メッキ
新しいポイントを探すために、北部の河口を丁寧に探って釣り歩くこと1時間。大潮のド干潮で海から隔離されてしまった川で小さなボイル発見!すかさず小さなミノーを投げると真っ先に食ってきたのはクワガナー(コトヒキ)。メッキじゃなかったか〜と思いつつ投げていたら立て続けにメッキが2発。小さいけど久々に遊んでもらえて楽しかった〜。
目的のメッキで遊べたので、次はオオクチユゴイのポイントでも探そうかとさらに北上していきました。

タメトモハゼ
かなりクリアな水が流れる川を見つけ、ユゴイがいるのも見えた。よしっ!と下流から投げ上がって、アシ側に投げたポッパーにポシュッ!と出たのがこの魚。こんな魚がいるとは聞いていたけど、まさか釣れるとはねぇ…。

派手な魚
この魚は、沖縄本島をはじめ南国の河川に生息する、絶滅危惧種(絶滅危惧II類)のタメトモハゼ。かなり希少な魚らしいです。
体長は約23cm。黄色い体に赤いライン、尾ビレのあたりの青も綺麗だ。
写真を撮っていたら横から近所に住んでいるというオジィが「最近よく見るんだよ〜。昔は見なかったのに」って。逆ならなんとなく分かるけど、最近になって見るってどういうことだろう?水質が変わったのかな?

オオクチユゴイ
その後すぐ、小さいオオクチユゴイも連れて大満足な釣行になりました♪
海の大物狙いも面白いけど、淡水での小物遊びも楽しいなぁ。また新しいポイント探しに北部に行こうっと。

コメントを残す