マングローブジャック

トキシンさんと行く西表島マングローブフィッシング・Day1

東京出張の食べ歩きはちょっと休憩して、先週行ってきた西表島マングローブフィッシングネタを。
久々のリラックスツアー最高だったなぁ。

トキシンさん
30年前から釣り雑誌他でイラストを見ていたトキシンさんがツアーリーダーとなって、釣りツアー専門のトラウトアンドキングさんが企画した西表島フィッシングツアーに参加してきました。手書きのウェルカムボードでお出迎え。那覇空港で東京からの方と合流して3人で石垣島へ。

具志堅用高像
那覇から1時間ちょっとで石垣島に到着。石垣島に来るのはなんと15年ぶり・・・当然、前に来た時は旧空港だったので、南ぬ島石垣空港は初めて。空港で大阪から参加の方と合流して、空港から離島桟橋まではタクシーで30分ほど。遠くなったね・・・。直通バスが500円で出ていたので時間に余裕がある人はこれがいいかも。
離島桟橋もとい、ユーグレナ離島ターミナルではカンムリワシ具志堅用高像にご挨拶。

ソムリエ
西表島行きのフェリーが出るまで時間があったので離島ターミナル内にあるソムリエという食堂で昼食を取ることにしました。

石垣牛カルビ丼
石垣島なんてなかなか来れないよね〜とみんなで揃って石垣牛カルビ丼(1,300円)を食べました。少々雑なキリ方の野菜が気になるけど(笑)、牛肉の脂が甘くて美味い!ちょっぴり高いけど美味いぞ♪

ソムリエ
沖縄県石垣市美崎町1 離島ターミナルビル
0980-82-5279
営業時間:8:00~18:00
定休日:不定休(離島ターミナルビルに準ずる)

ソムリエ定食・食堂 / 石垣市)

昼総合点★★☆☆☆ 2.5

離島ターミナル
さて、時間になっていよいよ西表島へ出発です。5番ターミナルから安栄観光の高速船に乗って1時間ほどで西表島、上原港に到着します。

うえはら館
西表島の上原港から歩いて1分で今回お世話になる旅館「うえはら館」に到着です。
一刻も早く釣りをしたい面々は荷物を部屋に入れるやいなや釣り準備を整えてロビーに集合!港横のリーフに向かいました。

リーフ
満潮に向かう時間だったので無理せず・・・と言ってはいたもののみんな腰ぐらいまで浸かりながらグイグイ。足元にはクマノミもいるし、本土からの参加者にはたまんない体験だったでしょうね〜。

カンモンハタ
リーフではおなじみのカンモンハタ(イシミーバイ)は一番良く釣れるターゲット。型は小さいけどグイグイ来るから面白いね。

アミメフエダイ
石垣島では通称「アメリカ」と呼ばれているアミメフエダイはアメリカの国旗に見えるからそう呼ばれているようです。沖縄方言では「ビタロー」。

メギス
不思議なカラーリングのこれは「メギス」。オスは全身が赤いらしい。
一投目に出たオグロトラギスを含めて、この日、リーフでは4魚種11匹を釣って納竿。

冷凍パイン
午後とはいえギラギラな太陽で暑かったので、宿に帰る途中にあった無人販売所で冷凍パインをいただきまーす。

ROCO
晩ごはんは翌日のマングローブフィッシングツアーをガイドしてくれるマリンボックスが経営しているレストラン ROCOでいただきます。おー、この場所15年ぶり!そうなんです、15年前に西表島に来たときもここにガイドをお願いして釣りをしたんです。

テッポウウオの写真がいっぱい!
食事の前にテッポウウオの写真を見せてもらいました。こんなの釣れるといいなぁ・・・。

ROCO店内
ROCOはフィッシングガイドをするマリンボックスの宮城さんが自ら西表島の海で釣ってきた魚を中心に美味しい料理を提供してくれる店です。

リュウキュウイノシシのたたき
一品目は魚・・・と思ったら、リュウキュウイノシシのたたきでした!柔らかくてクセのない猪肉美味しいなぁ。

シロダイの中華風あんかけ
シロダイの中華風あんかけは身だけでなく、骨までしゃぶって最後までいただきました。骨の近くの身って美味しいよね。

マース煮
〆のマース煮は出汁が塩っぱすぎず、アーサのたっぷり入ったスープまで全部飲んじゃいました。
食べて飲んで、翌日のカヌーのメンバー分けを決めてお開きに。
本土メンバーは翌日朝から港で釣りをするっていうので6時には起きるかな・・・。夜空撮って早く寝よーっと。

ROCO (レストランロコ)
沖縄県八重山郡竹富町字上原58
0980-85-6841
営業時間:18:00~23:00
定休日:木曜日

ROCO魚介・海鮮料理 / 竹富町その他)

夜総合点★★★☆☆ 3.5

コメントを残す