SUZUKI IGNIS

IGNIS・慣らしも終わっていないのにリコールに当たった!?

イグニスにリコールが発表されました。
まだ500kmほどしか走っていないのに・・・。

イグニスのリコールについて|スズキより

リコール開始日:平成28年6月23日
不具合の内容:後席シートベルトにおいて、左側シートベルト巻取装置用固定用プレートと車体のクォータインナパネルとの溶接が不適切なため、溶接強度が不足しています。そのため、衝突時にシートベルト巻取装置の車体側取付部が変形し、乗員を拘束できなくなるおそれがあります。
改善の内容:全車両、溶接不適切個所の再溶接を実施します。

しかもこのリコールは対象車両が160台と少ないんです。それに当たるってどれだけ運がいいのか悪いのか(笑

そして今日、営業本部長さんと担当営業さんが直接自宅に挨拶(報告?謝罪?)に来ました。
会うなり平身低頭でこちらが恐縮してしまうほど。

そしてリコールの対処法を聞くと、シートベルトアンカーを再溶接し直すというもので、実際の作業も30分もあれば終わってしまうものらしいです。
でも、その作業をすると「事故車両」扱いとなって買い替えなどの下取り時に査定が下がるという・・・。
それはそれで困るなぁと思っていたら、

「まるごと新車に交換しましょう」

だって。
なんという神対応!!

しかも納車後にやった改造(違法改造じゃないよ)やコーティングもすべて作業しなおしてくれるというので、こちらにとっては何のデメリットもないってことですよ。
しいて言うなら、またしばらく乗れないってことかな・・・。
どう急いでも7月中旬になるだろうから、また1ヶ月近く代車生活です。

コメントを残す