SoundPEATS QY7

生活防水Bluetoothイヤホン SoundPEATS QY7を試す。

Amazonで安売りをしていたというBluetoothイヤホンSoundPEATS QY7を借りることが出来たので、早速ウォーキングの時に使ってみました。

パッケージとキャリングケース
10×10×5cmぐらいのコンパクトなパッケージを開けるとイヤホン本体と付属品の数々が入ったキャリングケースが出てきます。日本語マニュアルも入っていますが、ところどころ日本語が変だったりするのはご愛嬌(笑

SoundPEATS QY7
本体はこんな感じ。ハウジング部分は大きめだけどそれほど重さもなく、ウォーキングだけでなくランニングでも気になる感じではなさそう。ライムグリーンのきしめんケーブルが目を引きます。右耳側のハウジングには電源/通話ボタンとボリュームボタン、マイクがあります。

付属品の数々
付属品が多いのもこの機種の特徴で、充電用USB-マイクロUSBケーブル(10cm)、脱落防止クリップ、ケーブル長さ調整パーツ、イヤーキャップ(S,M,L)、イヤーフック(A,B,C×S,M,L)。
イヤーフックは固定の強さに応じて使い分けますが、今回は一番強い(と思われる)サメの背びれのようなのに穴がいっぱい開いたタイプを使用。

充電はマイクロUSB で。
左耳側にマイクロUSBの充電口があります。充電中は右側のSoundPEATSロゴが赤く光り、満充電で青くなります。

実際に使ってみて

イヤーフックがガッチリとハマって、でも痛くならないものが選べたので快適。走ってもズレることはありませんでした。
音楽に関してはあまり煩くないのですが、屋外でウォーキングしながら聞くには十分でしょう。apt-Xコーデック対応とあるけど、iPhoneでこのコーデックで再生できるアプリってあるのかな?
本体にはマイク(右側ボリュームスイッチ下)が付いているので、当然通話も可能です。CVC6.0というノイズキャンセリング機能があるらしいのですが、その影響か少し篭ったような音になってしまいます。でも聞き取りづらいほどではなくワイアレスで通話ができることを考えれば十分でしょう。
生活防水を謳っているので汗はもちろん、多少の雨でも大丈夫なはず。あえてシャワー中には付けませんが・・・。
iPhoneの通知センター(今日タブ)にバッテリー残量が表示される(ペアリング時のみ)ので充電忘れもしづらいかもしれません。

こんな機能的なBluetoothヘッドセットが2,000円程度で買えたんですね。コスパ高いわー。
そのキャンペーンは終わってしまったけど、2,500円なら安いですね。

後継機のSoundPEATS QY8もありますよ。こっちも気になりますね。
どうせ買うならこっちかな?

コメントを残す