台湾のドミトリー「途中台北国際青年旅舍」は温泉近くの快適宿だった。

忘年会も終わり、同じホテルのメンバーでタクシーに相乗りして一路、北投(ペイトウ)へ。
ドミトリー(ユースホステル)「途中台北国際青年旅舍(On My Way Taipei Hostel)」に向かいました。

On My Way Taipei Hostel
台北市内からタクシーで30分ほど、MRT(地下鉄)の北投駅からなら歩いて3分という好立地にある「途中台北国際青年旅舍(On My Way Taipei Hostel)」。看板が小さく、宿っぽくないので見落としがちです。

入り口
扉は0時までは基本的にオープン。0時過ぎたら自分の部屋の鍵で開けられるようになっています。世界中のバックパッカーに人気らしく、スタッフさんはみんな英語が堪能です。

リビング
1階はロビーとフロント、キッチン。地下に大きめのテーブルとソファ、テレビなどがあり、かなり広いのでのんびりできます。もちろんWi-Fiも飛んでいるので仕事も快適でした。

二段ベッド
泊まった部屋は二段ベッドが3つあって、6人まで1部屋で使います。部屋の鍵は6人がそれぞれ同じものを持つのですが、貴重品を入れるロッカーもあるのでさほど心配もないです。男性は2階、女性は3階と分かれている感じかな。各フロアにシャワールームとトイレがあるので、男女がはち合わせになることは少なそう。

リビングでカンパイ!
忘年会から帰ったばかりだというのに、近所のコンビニで酒を買い込んで宴会。あ、ビールは1階の冷蔵庫でも売っていますよ。夜な夜なリビングに集まって飲むのが楽しかった〜。

北投は温泉街で、この宿からも歩いていける範囲にたくさんの温泉があります。日本のように全裸で入る温泉もありますが、基本的には水着着用が多いのでご注意を。新北投駅の近くには足湯もありましたよ。台湾での旅の疲れを癒やすにはマッサージもいいけど温泉もいいかもね〜。

途中台北国際青年旅舍(On My Way Taipei Hostel)
台北市北投區光明路82號
(+886)02-2891-0230

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。