津軽海峡フェリー

青森・大間〜北海道・函館を津軽海峡フェリーで渡りました。

八戸から下北半島を北上すること約4時間。やっと本州最北端の街、青森県は大間に到着です。
この日はここで夜を明かし、早朝の便で北海道・函館に向かって出発します。

大間フェリーターミナル
これが大間側のフェリーターミナル。到着したのが遅かったのでもう辺りは真っ暗ですが、駐車場には翌朝の便に乗り込むクルマが数台待っていました。
オレも同じように駐車場に車を停めて、翌朝5:45のターミナルオープンと同時に発見手続きを行います。
とはいえ大型台風接近中でTACOMAを揺らすほどの強風が続き、とてもゆっくり出来る状況ではありませんでした。そもそもフェリーは無事に出港してくれるのかすら分からない状況です。

大間といえばマグロ
朝になり、ターミナルがオープンしたので早速中へ。
でっかいマグロのオブジェとか大間っぽい(笑

無事発券されました
車検証をもってターミナル受付に行き、ネットで予約した番号を伝えると、いともあっさりと発券完了です。
発券されたってことは出るってことですよね。

サヨナラ本州
そんなわけで午前6時半に乗船開始。午後の便は欠航するかもとの事だったので滑り込みセーフですね。

揺れなくてよかった
心配していた津軽海峡もほとんど揺れることなく無事に渡り切ることができました(寝てただけって話もある)。

函館に上陸!
約1時間半の乗船時間で北海道・函館のフェリーターミナルに到着です。
来たぞ北海道!とうとう自分のクルマで上陸しました!

というわけで次回から北海道編スタートです。

コメントを残す