6日間かけて仕込まれるかわ

念願のかわ屋に行ってきた。

福岡初日の夜、連れてきてもらったのは念願のかわ屋!
鶏好きにはたまらん店ですよ!

かわ屋
行ったのは薬院店。西鉄薬院駅から歩いて5分ほどで、外観はごく普通の焼鳥屋さん。開店直後ですが香ばしい焼き鶏の匂いが漂ってきます。

かわ屋店内
店内は正直狭いっ!人気店ということでひっきりなしにお客さんが入ってきます。予約なしで来て入れずに帰っていくお客さんも結構多いです。予約しなきゃね〜。

これがとり皮!
入店してカウンターに座り、生中を注文して「じゃ、皮20本」。20本!?と思ったらこれがイケちゃうんですよね〜。カリッと焼かれたとり皮が美味い!美味すぎる!こりゃ予約殺到なの分かりますよ。

6日間かけて仕込まれるとり皮
カウンターの上には6日間かけて何回も焼いて仕込まれるというとり皮がたくさん積まれています。注文が入るとこれを炙り、表面はパリっと中はもっちり、噛むと熱い脂と濃厚な旨味が染み出します。

ささみのしぎ焼き
もう一つのオススメは「ささみのしぎ焼き」。レアに焼かれたささみをワサビ醤油でいただくんですが、これもまた新鮮な鶏の良さを上手く引き出した串ですね〜。参った。

福岡もそうそう来れる街ではないので、どうせならハシゴしましょうかと水鏡天満宮横丁へ。福岡美味いもの情報の源てんもりブログからヒントを貰って「真」という小さな居酒屋に入ってみました。

水鏡天満宮横丁
閉店間際のためオススメメニューはほとんど売り切れでしたが、ちょこっとだけ頼んで呑むことに。ここの鯖が美味いと聞いていたのでゴマ鯖を食べたかったけどなくて残念。

福岡の地ダコ
代わりに福岡の地ダコの刺し身。モッチリと美味いなぁ。

鯖一枚焼き
ここの名物?福岡の名物?鯖の一枚焼きが旨すぎます!パリっと炭火で焼かれた鯖は箸を入れると溢れだす脂がすごい。身はプリップリで塩加減も絶妙。これが鯖のシーズンだったらもっと美味いんだろうなぁ。
今度はぜひ5〜6月ぐらいに来て、イカとか鯖とか旬のものをもっと食べたいなぁ。

コメントを残す