寧夏商圏

台北円環近くの朝ご飯

台北市内の西側、台北駅から少し北上したところに「台北円環」という丸い建物がある交差点があります。
夜はここから寧夏夜市が始まるのですが、朝も美味しい店があったので紹介。

台北円環
まずは2日目と4日目の朝に行った「永和豆漿大王」。ここはホテルのドアマンが教えてくれた店で、地元でも人気らしいです。

永和豆漿大王
この手の店はローカルなお店なのでほとんどの店で日本語や英語は通じません。でも、ここはメニュー表もあれば欲しい物をチェックする注文用紙もあるのでかなり安心です。

鹹豆漿
台湾の朝ご飯といえばこの鹹豆漿(シェン トウジャン)。温かい豆乳に黒酢や辣油を入れて、おぼろ豆腐のように固まったところをすくって食べる「食べるスープ」って感じです。これだけでも充分お腹は満たされますが、歯ごたえあるものも欲しい!って方には蛋餅(ダンピン)もオススメ。

蛋餅
この日食べたのは火腿蛋餅(フォトェイ ダンピン)というハムの入ったもの。この店にはあまり種類はなかったのですが、他に肉髭(乾燥肉)、烤肉(焼き肉)、吉士(チーズ)、鮪魚(ツナ)などいろいろおいている店もあります。

小籠包
この店でもうひとつ食べたのが小籠包。言わずと知れた点心ですが、朝から食べるお客さんは多いようです。オレは熱々の小籠包と一緒に冷豆漿(冷たい豆乳)を飲んで朝ご飯にしました。点心は腹持ちがいいので朝ご飯にオススメですよ。

四海豆漿
もう一件は「四海豆漿」。ここは寧夏夜市に来た時に見つけた店で、場所も寧夏夜市を抜けたところにあります。

四海豆漿
上の永和豆漿大王もそうですが、早餐(朝ご飯屋)は大体こんな感じ。店によっては帯外(テイクアウト)の人が並んでいたりしますが、かき分けて奥のテーブルにつきましょう。

冷米漿と水煎包
ここで食べたのは冷米漿(リャンミーチャン)と水煎包(スイチェンパオ)。米漿は沖縄にもある「げんまい」と同じかな?米から作った甘くてトロっとした飲み物。豆漿とハーフ&ハーフで飲んだりする店もありますよ。

水煎包
水煎包は「お焼き」のような感じ。もっちりとした薄めの皮の中に野菜やビーフンなどがギッシリ入っています。一個でかなりお腹いっぱいになりますよ。

台湾に来て、ホテルに着いたらまずは周りの朝ごはん屋を探すのがいいかも。ホテルで食べる朝食もいいですが、旅行に来たら地元のものを食べたいですよね。

台湾オススメMAP

コメントを残す