SIM取出しピン比較

どうでもいいんですけど・・・SIM取出しピン。

どうでもいいんですけど・・・SIM取出しピンって地味にモデルチェンジ(?)してますよね。
どうでもいいんですけど。

iPhone 3Gの時は右、iPhone 4〜5sが真ん中、そして昨日買ったiPad mini Retinaが左です。
で、何が変わってるかっていうと、右と真ん中のは金属の板を抜いたような形状で、左のはクリップのような細い鋼材を曲げて作ってます。

SIM取出しピン比較
右と真ん中の違いは・・・右の方が角が取れている。そのおかげで差し込む部分の断面が右の方が丸いんです。しかもこのSIM取出しピン、薄い側面に「TAIWAN」(iPad mini Retinaのものには「CHINA」と刻印されています。(小さすぎて撮影できず・・・。)芸が細かいな。

SIM取出しピン比較

3Gの時のものは当時ウワサになったアモルファス金属(非晶質金属)で作られているらしいです。継ぎ目のない滑らかな質感でスゴく気に入っていて、個人的にはAppleのこだわりが見れるプロダクトだと思っていたんだけどなぁ。今回のiPad mini Retinaのピンを見てちょっとショックだったのでこんなエントリ書いちゃいました(笑
どうでもいいんですけど。

コメントを残す