デュアロジックシングルクラッチ式5速シーケンシャルトランスミッション

慣らしの1000kmを超えたので。

10月28日の納車から約1ヶ月。走行距離も1000kmを超え、慣らし運転も終わったので、ちょっと回しならがデュアロジックのマニュアル操作を試してみました。

1000km超えた

普段はATモードでの走行がメインで、そんなに踏み込むこともないのですが、慣らしも終わったのでエンジンを少し多めに回す目的もあって、マニュアルモードで走ってきました。
900ccという小排気量のエンジンでながらATモードでも十分な走りなんですが、低速域での変速時につんのめる感じが時々あります。それはデュアロジックの特徴でもあるのですが、マニュアルモードで走るとそれも少なく軽快な走りが楽しめますね。特に3速に入れてからの3000回転からは上は軽快な吹き上がりで、ターボエンジンのトルクとフィンの回転音が気持ちいい。
車高があるのでワインディング時のロールが気になるもののサスペンションの踏ん張りは思ったよりも優秀です。
とはいえ、このクルマはぶん回すタイプのクルマではないので、のんびり乗るには最高ですよ〜。

コメントを残す