JAWBONE UP

JAWBONE UPを約一ヶ月使ってみて・・・

JAWBONE UPを使い始めて約一ヶ月経ちました。
毎日を記録するものなので、このぐらい使ってやっと便利さが分かってきた感じでしょうか。

装着感

サイズはLサイズを使っているんですが、大きすぎず小さすぎず。
ただ、仕事をしているとMacBookのパームレストに当たるので、少し上(肘側)に上げるか、外しています。
外していてもアイドルアラートは結構強いバイブレーションなので音でわかる。
個人的にはコネクタ側を手のひら側に向けて装着しているけど、どっちが正解なんだろうか・・・。

腕時計や指輪が気になるタイプですが、シリコン(正確には低アレルゲン医療用TPUラバー)の肌触りや締め付けの緩さからさほど気にならない。

毎日のルーティンとしては朝、スマートアラーム機能で目覚めて、夜、スマートアラーム機能をONにするまでほぼ付けっぱなし。
外すのは風呂にはいる時だけ。
シャワーぐらいは大丈夫という防水ですが、さすがに風呂の時は外している。
もっと面倒かな?と思ったけど、このぐらいなら続けられそうだ。

モチベーションアップ

睡眠だけでなく、日々の運動量も共有しているので、運動のモチベーションも上がる。
普段Macの前に座りっぱなしなので、夕方のウォーキングに出かけないときは1000歩未満の時もある。
そんな運動不足を改善するためにも、このモチベーションアップは一役買っている。

ウォーキング

ウォーキング前にRunkeeperの記録をスタートさせ、JAWBONE UPのストップウォッチモードをONにする。
約1時間半、およそ10000歩のウォーキングから帰って、家に入る直前に両方をストップさせるというルーティンはちょっと面倒だけど、共有しているからか案外忘れない。
運動量の減少で自動的にON/OFFされたら嬉しいけどなぁ。

先日(日曜日)初めて睡眠&運動の目標値が100%を超えた。
運動はウォーキングすればほぼ越えられるんだけど、思った以上に睡眠時間8時間というのが難しかった。

スリープモード・スマートアラーム機能

もともと寝付きはいい方ではないので、ボタンを押し忘れたのはこの1ヶ月で1日だけ。
それも後で追加できるので時間だけは記録できていることになる。

寝付きはあまりいい方ではない。と書いたけど、改めて睡眠記録を見てみると、やっぱり30分ぐらいは寝付けずにいるようだった。
ただ、深い睡眠が多いのとスマートアラーム機能のおかげでスッキリ起きられる日が多い。
とはいえ、フリーランスの特権である二度寝は止められそうにない(笑
そんな時もアラームを2回セットしてあるので無駄に寝過ぎることはないので安心だ。

実はダイエットをはじめて一番痩せていた時期から4kgほどリバウンドしていました。
そんな折のJAWBONE UP発売で改めて生活スタイルを改善することが出来たみたい。
運動量が増えてピークだった体重に戻ったので一安心。
ダイエットには「記録」が一番大事だと改めて実感。

UP by Jawbone App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
価格: 無料

RunKeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡 App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
価格: 無料

コメントを残す