モンステラの実

モンステラ食べてみる?

モンステラの実を収穫してFacebookにアップしたところ、すごく反応があったので改めて詳細をエントリしておきます。

皆さん、モンステラはご存知ですよね?
ハワイアンなモチーフだったり、60年代のモダンデザインの象徴だったりと、切れ込みのある独特な形の葉っぱが人気でした。

モンステラ・デリシオーサ

学名を「モンステラ・デリシオーサ(Monstera deliciosa)」といい、モンステラ族の中では最大の種類です。
観葉植物として出回っているので、葉っぱを見たことがある方は多いかと思いますが、花が咲き、実がなることはあまり知られていません。

モンステラの花

花はこんな感じ。
ひとつの大きな花に見えますが、実際はサトイモ科の植物特有の肉穂花序という構造で、小さな花の集合体。
六角形のもの一つ一つが花なんです。

モンステラの実

花が終わり、中心の穂の部分だけが残ります。
それが半年ぐらいかけて熟していきます。
沖縄では冬場になって日照が足らないため、全体的に熟すことは殆ど無いんですが、陽が当たっていた部分は黄色く色づいています。

モンステラの実

程よく色づいた所で収穫して置かないと、完熟した頃に爆ぜて落ちてしまいます。
六角形の実をつまみ、内側部分だけかじるように食べると、パイナップルとバナナを足したような甘みがします。
実が食べられるのは、英語のDelicious(美味しい)から付いたと言われているデリシオーサだけですが。
ただ、完熟しないと美味しくないばかりか「シュウ酸カルシウム」が含まれているので食べられません。
食べ過ぎても同じで、シュウ酸カルシウムの作用で舌や喉がイガイガしてきます。
美味しいけど流通しないのはこのためでしょうね。

不思議なのは「種」。
普通、植物は果実に包まれた形で種があると思うのですが、モンステラにはそれらは見えません。
以前、モンステラの種を購入したことがありますが、結構な大きさ(小豆大)があるんです。
ってことは、このまま完熟させておけば中にある種子が大きくなるってことなのかな???
もう一つ実がなっているから、こっちは勝手に落ちるまで放っておいてみるかな〜。

モンステラ食べてみる?” への5件のフィードバック

  1. あれはシュウ酸カルシウムだったんだ!

    あれ以来、口にはしていませんが、あのビリビリ感は忘れませんね。

    たまに種を採取しようと実をもらってくるのですが、

    確かに種が入っていた事がないんですよね。

    見つかったら教えて下さい。。。

  2. くにおさん
    もうひとつあった実を放って置きましたが、爆ぜて落ちてしまいました。
    やっぱり種は成らないですね〜。
    受粉が難しいのかもしれませんね。

  3. 物凄い甘みと芳香で旨かった。
    但し、未熟部分は酸味と灰汁が凄い、熟しても多少は残ってるから食いすぎると口中がヒリヒリするかも・・・・・・アク抜きの悪い「芋がら」を食った後の様に・・・・・

  4. モンステラの実が10本ほど着いていますよ!2016年の9月頃に気付きました。よく観察すると、水芭蕉のような白い苞をつけた花が見つかりました。観葉植物の花と果実?。
    2016/12/1時点のコメントです。
    トロピカルフルーツとのことで熟すのが楽しみですが、今後どうすればよいのか全く分かりません。完熟させるための注意や方法を、ご存知の方は、情報を待っています。当方の環境はガラス温室で、冬季も日差しがあれば20度近く温度がありますが曇りや雨で日差しがないときは7~8度です。最低は3度くらいです。スタンド鉢仕立てで気根が地中に伸びています。移動や植え替えはあきらめています。でっかいです。
    情報ををおまちしてます。

コメントを残す