やんばる紀行

ホントはもっとスッキリとした青空の日に出かけたかっ...