Kawa のすべての投稿

時価総額1億円のルアー。

Gizmodo Japanより

時価総額1億円のルアー。MacDaddy’ s Fishing Lures「The Million Dollar Lure」
MacDaddy’ s Fishing Lures社から出た、時価総額1億円のルアー。長さ30cm、1.3kgの金とプラチナでできていて、100カラットのダイヤモンドとルビーが合計4753個散りばめられているそうです。

松方弘樹などがカジキを釣るのに使うようなルアー(疑似餌)ですが、本来はゴムやプラスティックを使ったこういう物
確かにキラキラ光れば釣れるワケなので「釣れない」ということはないけど「使えない」ですよね。
使った場合、釣り上げられるかどうかは別としてダイヤの付いた鎖の4〜5本はちぎれるでしょうから…。

このMacDaddy’ s Fishing Luresってメーカーは他にもジュエリールアーを多数作っているようです。
このルアーを使って女性を釣れってことなんでしょうか…。

Parallels Desktopのロードマップ発表

ITmedia Newsより

Mac版ParallelsがVistaと3Dに対応表明、サーバ版投入も明らかに
 Parallelsは8月14日、Mac用仮想化ソフトParallels DesktopおよびMac関連製品のロードマップを明らかにした。

 同社は8月8日、Appleの開発者会議であるWorldwide Developers Conference(WWDC)の開催に合わせてMac版Parallels Desktopのβアップデートを提供し、USBへの対応強化などを行ったが、同社の公式ブログはVMwareの参入表明、Microsoft Mac BUのVirtual PC「撤退」表明を受けて、Parallels Desktopの次バージョンについて、幾つかの新機能を明らかにした。

 Parallels Desktopの新バージョンは年内に投入される予定で、ユーザーインタフェースの改良、新たなセキュリティ/管理ツールの搭載、仮想マシン内でのCDおよびDVDライティングのサポートが行われる。

 さらに、3D機能が大幅に強化される予定で、OpenGLとDirectXがサポートされることになり、「ゲームをフルスピードで動かすことが可能になる」と説明している。

OpenGLとDirectXがサポートされるということはハードのグラフィック処理機能がフルに使えるわけでMacBookのようなオンボードチップしか持たない機種でも快適に描画されるんでしょうね。
そして、3D描画が快適になればWin用の3Dゲームなどを目的としてWin&Macの両刀遣いが増えそうです。

懸賞に当たった。

久々に懸賞に当選したようです。
いつも読んでいるニュースサイト「ケータイWatch」の読者プレゼントで、商品はインプレスの「Web2.0超入門講座」。

Web2.0超入門講座まだ読んでないけど、入門編ということで分かりやすく書いているんでしょうね。仕事のためにもしっかり勉強させていただきます。
それにしてもWebで応募できる懸賞ってホントに当たらないね。
ハガキ等の費用がかからず、いつでも応募できることで応募者の絶対数が上がるから当然といえば当然なんだけど。
中学・高校の頃はマンガや雑誌の懸賞で16ヶ月連続当選なんて事もあったけど、最近はめっきり。
今でも処分に困ったテレホンカードが200枚くらいありますよ(笑
でも、応募しなきゃ当たらない。マメに応募してみるもんですね〜。

[改造]Apple Pro Speaker 現役復活。

PowerMac G4(MDD)の時に使っていたApple Pro Speakerを現役に復活させました。
といってもApple Pro Speakerは特殊な端子を採用しているので、3.5mmイヤホン端子しか持たないPowerMac G5にそのままでは使えません。
そのままで使うためにはPowerWaveiFire等の機器がいるんですよね…しかも今はどちらも販売終了品。
そこで端子をRCAピンプラグに付け替えてみました。

続きを読む

ブライト艦長逝く。

asahi.comより

ブライト・ノア艦長声優の鈴置洋孝さん死去 「ガンダム」のブライト艦長役
鈴置 洋孝さん(すずおき・ひろたか=声優)が6日、肺がんで死去、56歳。葬儀は近親者のみで済ませた。後日しのぶ会を開く予定。連絡先は東京都渋谷区桜丘町29の10の賢プロダクション。

「機動戦士ガンダム」のブライト艦長などを演じたほか、舞台のプロデュースも手がけた。

うわー。知りませんでした。まだお若いのにとても残念です。
(ファースト)ガンダム世代とはちょっとずれていますが、青春の1ページにしっかりと刻まれている声でした…。

オデッサ作戦に参加した全ての戦死者に対して哀悼の意を表し、全員 敬礼!
ご冥福をお祈りします。