フォーカルの恩田さんのプレゼン

AUGM OKINAWA 2010・その2

ランチ休憩の後はAUGMの神髄である各地のユーザーグループの紹介から。
九州地方を中心に6組のユーザーグループがそれぞれの活動報告を披露。

大分のほしいちさんからは来年2月開催のAUGM大分へのショートムービー出品を宿題として出されてしまいました。
沖縄らしいショートムービーを作って大分に乗り込まなきゃですね!

TMUG(東京マックユーザーグループ)代表にして都立広尾病院 小児科医長の山本 康仁 氏の講演ではファイルメーカーをつかった医療現場での状況把握システムについて。
AUGMかごしまでもファイルメーカーでこんなことが出来るのか!?と驚かされましたが、今回のシステムはもう人工知能と呼んでもいいほどの出来。

後半の話題をさらったのは、フォーカルポイントコンピュータ株式会社の恩田 フランシス 英樹 氏。
多彩な才能を持つ恩田 氏はフェラーリレーサーやミュージシャンといった顔も持っている。
そんなギターの腕を生かして、iPhoneやiPadをエフェクターにするアプリを紹介。
後半の自社製品紹介ではレロレロレロ・・・と自ら早回しで時間を節約(笑

そしてここでMacお宝鑑定団のDANBO会長がステージに現れ、とある方々を2名ステージへ招き入れました。
このシーンはUstでもTwitterでも、もちろんBlogでも口外無用の超スーパースペシャルサプライズゲストです。
こんな貴重な方々の講演が沖縄で聴けていいのか!?という・・・いやはや思い出しただけでもゾクゾクします。

続いてもお宝組。
ジャーナリストで慶應義塾大学SFC研究所上席所員などの肩書きを持つ松村 太郎 氏
松村 氏は本田 直之 氏との共著「本田直之式 ハッピー・ワークスタイル -秘訣はiPhoneとMacの連携にあり-」を紹介し、iPhoneを使っての時間の管理の仕方を楽しく提案されていました。

もうひとかた株式会社 物書堂の廣瀬 則仁 氏。
iPad向けのエディタアプリの新作を披露してくださいましたが、100万文字のテキストを縦書きにしたり原稿用紙のようなグリッドを表示させたりと、まさに「文章を書くため」に特化した機能には会場からもどよめきが起こるほど。

ラストはアドビシステムズ株式会社の西山 正一 氏。
彼のプレゼンには定評があり、面白すぎるので誰も彼の後にやりたがらないというのでスケジュールの最後になっていました。
今回もPhotoshop CS5の目玉機能「コンテンツに応じる(通称コンじる)」を使って、沖縄に来てから撮った素材をサクサクとコンじって見せてくれました。

と、これで各スピーカーの講演は終了し、改めてDANBO会長がステージに上がってAUGM恒例のじゃんけん大会がスタートです。
30社を越える企業から様々なプレゼントを協賛いただいていたので、これらをDANBO会長とじゃんけんをして取り合っていきます。ここはもちろん、スタッフである我々も参加させていただきました♪
会場の都合で1時間半で前半戦を終了し(これでもスゴイが・・・)、後半は懇親会でくじ引きすることになりました。
DANBO会長はかなりじゃんけんが強いのですが、中には5〜6回勝っている方も。
オレもステージの上でアシスタントをしながら、iTunesカード3000円分やTシャツなどをゲットしましたよ♪

こんな感じでたくさんの方々に支えられ、AUGM OKINAWA 本会は終了しました。
この後は本会会場「カラハーイ」の目の前にあるサンセットビーチで懇親会ビーチパーティです!

本会の様子はFlickrにアップしましたのでこちらから。
AUGM OKINAWA 2010

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です