彩虹眷村

台湾・到着してすぐ台中へ。4年ぶりの彩虹眷村は健在でした。

今年もKAVALANウイスキーを仕入れに(笑)夏の台湾へ。
今年は他の用事もあったので、まずは台中へ向かうことにしました。

台北・桃園国際空港
桃園国際空港へは那覇からピーチを使って片道1万円以下。ホントに安くて助かるわぁ。早い時間(午前9時半)に到着する便なのでイミグレーションも混んでいなくていいですよ。

新幹線チケット
台北まではMRT桃園線を使って移動し、ここで台灣高鐵(新幹線)に乗り換えます。すっかり抜けていたんですが、わざわざ台北まで出なくたって桃園駅から新幹線に乗ればよかったな。まぁ、台北駅でおやつを購入したりする時間が出来たからいいか。
今回は「KKday」というサイトを使って、事前に外国人専用割引チケットを購入しておいたので、窓口でバウチャー(メールで送られてくるPDF)を見せてチケットに替えました。

台中までは新幹線で
新幹線は日本の700系とほぼ同じ。カラーリングがオレンジでカッコいいよね。前回乗ったときはシートが汚れていたり、床にゴミが転がっていたりして「大丈夫かな?」という感じでしたが、今回はキレイで一安心。台中まで40分ほど休憩です。

彩虹眷村
台中に着いて、まずはタクシーを拾って4年ぶりに彩虹眷村へ。例のド派手な村ですよ。

4年前と変わらないカラフルさ
4年前と変わらないド派手具合なんですが、ところどころ色褪せたところを塗り直しているらしく、変わっているところがありました。

彩虹眷村
塗り残しがあった地面も全て塗られ、ボロボロで一部落ちていいた屋根瓦も葺き替えられてキレイになっています。観光客がたくさん来るようになり寄付金が集まったからでしょうか。

商売っ気出たくま〜!
オリジナルグッズも増えていてちょっと商売っ気が出ちゃったかな? まぁ、この異彩放つカラフルな村を存続していくためには必要なんでしょうけどね。
ちょっと色気出しちゃったくま〜。

コメントを残す