豚肉食堂 泡瀬店

沖縄市・鳥玉の次は豚肉だった。泡瀬の「豚肉食堂」で分厚いローストポークステーキを食べてきました。

沖縄県内で居酒屋「銀次」グループを経営するみたのクリエイトが豚肉をメインにする「豚肉食堂」をはじめました。
泡瀬の「目利きの銀次」だったところが火事になって、その跡地に鳥玉とともにオープンしました。

豚肉食堂 泡瀬店
入り口が2つに別れていて、右は鳥と卵の専門店「鳥玉」。左がしょうが焼きとトンカツのお店「豚肉食堂」です。

店内
店内はテーブル席だけでなく、カウンターもあって一人で入っても大丈夫。隣の鳥玉とは入り口は別れていますが、店内の奥の方で繋がっているので間違って入っても大丈夫です。ただ、数人で入って同じテーブルで座った店のメニュー以外は食べられないそうです。同じグループの店なのにもったいないなぁ。

厚切りローストポークステーキ
カウンターに座ると、新メニューのチラシがあったのでそれを注文。その名も「オリーブ豚肩ロースの厚切り ローストポークステーキ定食(980円)」。長い名前!分厚っ!そして安っ!厚さ2cmはあろうかという肩ロースの塊はなかなかのインパクトですね。

分厚い!
断面は程よくピンクで、生姜の効いたソースが良く合います。肉質も柔らかく油も少ないので、こんなボリュームながらさっぱりと食べることができます。

炊き込みご飯
ご飯は白米と豚肉の炊き込みご飯とで選ぶことができます。炊き込みご飯にしてみたけど、色は濃いけど味は薄めでハッキリしないなぁ。肉についているタレが美味しいから白米のほうが良かったかもな。

中身汁
そして汁物も味噌汁(赤だし)と中身汁が選べます。こっちは中身汁で正解でした。そっか、タレにも中身汁にも生姜が入っているから相性が良いのかもね。

生姜焼き定食も薄切り肉じゃなく厚めの肉を使っていて美味しそうでした。この分厚い肩ロースを使っているなら、とんかつも美味しいだろうな。またガッツリ行きたくなったら来てみよう。
食べ終わって店を出るとき、テーブル席のカップルが彼氏はとんかつ、彼女はチキン南蛮が食べたかったらしくモメてた。やっぱり、それぞれの店舗のものしか食べられないのは無いよあぁ。

しょうが焼きとトンカツのお店 豚肉食堂
沖縄県沖縄市泡瀬4-21-12
098-989-8122
営業時間:11:00〜22:00
定休日:無休


Google Maps:沖縄食べ歩きMap


しょうが焼きとトンカツのお店 豚肉食堂豚料理 / 沖縄市)

昼総合点★★★☆☆ 3.0

コメントを残す