ガイドツアー最終日

朝から買った&採取した植物の根を洗い検疫に備えて準備。
9時過ぎにワヤンさんと合流して、最後のガイドツアーに出発です。

ウブドの町中を通り、ワヤンさんのご自宅のあるギャニャール方面へ。
途中、娘さんアスリちゃんと奥様のじゅんさんにお会いすることができました。
アスリちゃんが習っているバリの伝統的な踊りの学校でお会いしたのですが腰を落とし、体中すべてのパーツを動かすような踊りでスゴク難しそう。がんばれアスリちゃん。

ワヤンさんのご自宅で少し休憩をして自慢の植物コレクションを見せていただいた後、この度最後の植物探しです。
初日に回った植物屋通りをさらに細かく見て回りました。
アンスは一通り気に入ったやつを買ったので今度はフィロデンドロンを中心に物色。
前から欲しかったのと見たことないものの2つお買い上げ。しめて1500円也。

苔むした感じが格好いいアスリちゃんの通うバリのダンススクール植物屋通りにある植物屋ブースナマズの唐揚げ

ランチはまたまた地元食をリクエストして、ナシゴレンとナマズの唐揚げ、マングローブガニ(?)のスープ(毎度のことながら激辛)を食べました。
ナマズって日本では蒲焼きにするけど、こっちでは唐揚げにしてサンバル(唐辛子のソース)をかけてあるんです。
淡泊な身にサッパリとしたソースがビールを引き立てます(ってまたまた昼間からビールです:笑)。

食事の後は妻へのお土産探しでスミニャックへ。
ラフィアという素材の帽子を頼まれたのですが、ガイドブックに載っていた店にはなくてガッカリ。
ワヤンさんもラフィアって聞いて???って感じだったしなぁ。
仕方がないので初日に泊まったホテルにチェックインして、マタハリ・ショッピングモールへ。
ここでも帽子は見つからず・・・でも、もう一つの頼まれもののスパイス&調味料を購入。
そして、しっかりと自分用のアンス本を購入♪
ショッピングモールから友人にバイクで迎えに来て貰おうと思ったのですが、突然のスコールで急遽タクシーで帰ることに。初乗り50円で20分ぐらいかけて350円で到着。安いなぁ。

雨が止むまで待って、友人のバイクで晩ご飯へ。
ローカルフードがいいというと地元の人やサーファーが集まるフードコートに連れて行ってくれました。
そこでカニの黒胡椒炒め、山羊のサテ(串焼き)、鶏のせせり身の唐揚げ、インドネシア風ラーメンを注文してシェア。
カニはほとんどオレが食べましたけどね。
これにビールとストレートティを足しても1000円ちょっと。
どれも美味しくて安くて最高です。インドネシア万歳(笑

食後、友人にラフィアの帽子の相談をしたらいろいろな店で聞き込みをしてくれました。
ラフィアっていうのはインドネシアの人の間では荷造りヒモのことらしいです。しかもビニールの。
そりゃワヤンさんも???だよね〜。
そこで用途と風合いの似たバナナの葉で編んだ帽子をゲット。
1000円だったところ友人が値切ってくれて850円。値切り文化万歳(笑

とまぁ、何から何まで世話してくれた友人とはこれでお別れ。
明日の朝にはジャワに旅立ってしまいます。
オレはその後夕方の便で台湾へ。
そして台湾で1泊して那覇へ向かいます。
問題なのはやっぱり検疫ですよね・・・無事に持って帰れますように。
あ、その前に出国とトランジットも心配なんだった。

ジェスチャーと、日本語で突き通すぞ海外旅行。(字余り)

ガイドツアー最終日” への6件のフィードバック

  1. おぉ〜、バリ!
    インドネシアといえば、思い浮かぶのがガドガドサラダ。
    ピーナッツ系で甘くてピリカラのタレが旨いよね〜

    ウブドゥに一ヶ月くらい篭りたいww
    キョーレツな日差しとジャングルの緑って脳内で何かが発生するなりよ。絶対!(笑)

  2. ジェスチャーと日本語で無事に帰ってこれます!(強いアファメーション!)

    いやぁ〜。めっちゃ楽しそうな海外旅行・・・いや、プラントハントな旅。
    目的のある旅も、ない旅も、いいもんですな〜。
    美味しい話まってまーす!

  3. お久しぶりです。まさです。
    まあ、英語が通じない国でも、その手でだいたい何とかなりますねぇ(笑)
    今は新型インフルで日本入国の検疫と税関のほうが厳しいかも。日本語でも話が通らないと(爆)
    先週、スペイン帰りの中部国際空港ではいったん止められ、えらい目にあいました^^
    「住所大阪なのに関空ではなくなぜ中部空港から?」とか、台湾&中国の入出国履歴が多い同行者は
    「本当に観光ですか?、本当に?(疑)・・・」とか色々聞かれていましたが、
    連休の航空券が関空より10万以上安かったと答えたら、担当官もうけてました(爆)
    本当はもう少し居て、F1スペインGPとかサッカー見たかったな(><)

  4. >まずむんさん
    ガドガド食べたよ。美味しかった。
    ウブドめっちゃ気に入った〜! ホント一ヶ月ぐらいいたいっす。

    >ハチヨコさん
    何とかなりました。
    インドネシアでも、台湾でも(笑
    お土産話お楽しみに〜♪

    >まささん
    新型インフルエンザの検疫って騒いでいるの日本だけのような気がする・・・。
    インドネシアも台湾も全然騒いでいなかったですよ。
    日本への入国が面倒なのかな〜。

  5. ラフィアは、ラフィアという植物(ヤシの一種だったと記憶していますが…)の繊維から作った紐で、盆栽の世界では結構使われているようです。

    このページに辿り着いたのは、フィロデンドロン・ビピッタムの学名を探してきたのですが、どなたかご存じないですかねぇ? トータムやエレガンスとの明確な違いも知りたいのですが。

  6. > 変異人さん
    ラフィアの情報ありがとうございました。
    盆栽で使われているとは知りませんでしたよ。

    フィロデンドロン・ビピッタムですが・・・園芸品種でしょうか?
    聞いたこと無いですね。
    トータムやエレガンスと似ているということは、葉脈のところだけ葉が残ったような感じなんでしょうか。
    でも、園芸品種で「ピピッタム」なんて付けないと思うので間違いで広まった名前ではないでしょうか。

    トータム(ディスタンティロバム)に似たピナティロバムってのはありますが、それと混同して(間違えて)流通しだしたピビタツムってのもありますね。
    後者は普通にトータムだと思いますが。(新芽が赤い)
    前者は明らかに葉が広く、新芽が緑です。

コメントを残す