紹興酒飲み比べ

赤坂見附・黒猫夜で中国内陸料理と紹興酒飲み比べしてきました。

東京に行くと必ずと言っていいほど声をかけるメンバーに今回も招集をかけてご飯に行ってきました。
今回は中国内陸料理を食べに、赤坂見附の黒猫夜という店に行ってきました。

店内
駅のすぐ近くだけど、目立った看板がなく少し迷って到着。エレベーターで3階に上がると、そこはもう中国だった。テーブルと座敷。今回は6人で座敷へ通してもらいました。

お通し3種
お通しはセンマイの山椒煮、マコモタケの煮物、青のりピーナツの3種類。ピリッっと辛いセンマイうまー。

青唐辛子の炒め物
青唐辛子とじゃこの炒め物。青唐辛子といっても辛くなく、カリカリとしたじゃこの触感が楽しい。

茄子のフリッター
ナスのフリッターは大量の鷹の爪、バジル、花椒と一緒に炒めてある。ここの料理はどれも美味くてヤバイ。

白麻辣
お酒は白麻辣(パイマーラー)。中国の白酒(パイチュウ)というお酒のソーダ割りに花椒や鷹の爪を入れたもの。飲んだ瞬間、喉がカッ!と熱くなるけど、シュワシュワと気持ちがいい。こりゃ美味い。家でも作ってみたいなぁ。

ブリの蒸したやつ
同席してくれた友人の奥様が、ゲテ的なものばかり注文する我々に辟易して注文した、ブリの蒸し物。サッパリ柔らかくて奥様も満足(笑

湯葉春巻き
こちらも奥様のリクエスト。湯葉の揚げ春巻き。

お酒メニュー
白酒を飲んだあとは、いよいよこの店の特徴でもある紹興酒の飲み比べです。

紹興酒飲み比べ
3種飲み比べを3人で、それぞれ全て違うお酒で用意してもらいました。まだまだ種類はあるのですが、特徴的なものから飲みやすいものまでお店の方に選んでいただきました。
炭の味のするものや苦いもの、甘いもの、サッパリしたものまで、本当にいろんな味わいがあるんですね。個人的には北部の苦味が強いと言われたものが美味しく感じたけど、台湾の老酒も飲みやすかったなぁ。

羊肉のつくね
あ、ここからはいわゆる「ゲテ的なもの」です。
見た目こそ「料理」なので普通ですが、原材料は他ではなかなか食べられないものもありましたよ。
まずは羊肉のつくね串焼き。味も見た目もゲテ度★☆☆。クミンをたっぷり付けて食べるのがオススメ♪

アヒルの舌
続いては★★☆のアヒルの舌。唐揚げですが、固くて食べるところが少ないのでジャーキーのよう。ガシガシかじりながら酒を煽るのが美味いね。

蛙の蒸しもの
次は★★★なカエルの蒸し物。とはいえぶつ切りにされているので姿形は若鶏の蒸しものといった感じ。プリンと柔らかに香草たっぷりで美味しい。多分カエルだといわれなかったら気付かないと思う。

臭豆腐
最後は見た目こそ普通だけど★★★を超えるであろう「臭豆腐」です。これが日本で食べられるとはなぁ。台湾ではよく食べるけど、本当に便所の臭いのする豆腐です。それが、一度食べると臭い匂いが食べ物の匂いとして認識されるから不思議。もつ煮が乗っていて、くにっ、さくっ、ふわっと食感も楽しい。

角煮酢豚
人数がいるとたくさんの料理を注文できていいなぁ。ってことでまだまだいきますよ。
でっかい角煮がそのまま黒酢酢豚になったもの。トロットロに煮込まれていて最高!!ビールもってこい!!

腸粉
腸粉も台湾でよく食べる粉モン料理。熱々の鉄板の上で焼いて食べるともちもちでもんじゃみたい。

中華風アンチョビのチャーハン
〆は魚を塩漬けにして干した咸魚(ハムイ)という中華アンチョビの炒飯。いい塩梅の誰でも好きといいそうな炒飯です。
ふぅ〜、食った食った。
ここは本当に美味しいものばっかりだったなぁ。
毎度毎度の呼び出しに応じてくれる友人たちに感謝。また集まって美味しいもの食べましょうね!

黒猫夜(クロネコヨル)
東京都港区赤坂3-9-8 篠原ビル 3F
03-3582-3536
営業時間:11:30~14:00 18:00~23:45
定休日:日曜・祝日



黒猫夜中華料理 / 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅

夜総合点★★★★ 4.0

コメントを残す