新橋・地下の隠れ家的な店と角打ちをはしごしてみた。

東京二日目。まだまだ行ってみたい店がいっぱいあるぞということで、2日連続の新橋です。

お通し
まず入ったのが、駅から近かった「工(たくみ)」というお店。
入口から地下に降りる階段があって、なんだか隠れ家的な雰囲気がいいですね。階段を降りて扉を開けると、右に細いカウンター、左にテーブルと掘りごたつのスペースが広がっていました。
予約がいっぱいに入っていたらしいけど、予約の時間まで間があったのか入ることができました。
なんだかモダンなお通しがでてきました。中身はビシソワーズのようなソースにイカのソテー。うーん斬新だ。

ヒラメと鯛のお刺身
とりあえずヒラメと鯛の刺身と新潟県の鶴齢 超辛口。
ヒラメはイタリアの塩で、鯛はオリーブオイル醤油と山ワサビで・・・って。塩はいいけど、オリーブオイル醤油はイマイチかな。

ハツモト
串はどれも美味しかった。レバーやハツモトとかね。
店の雰囲気もいいし、料理も美味しいんだけど、ちょっと離れたところに座っていた女性二人の会話が、ずーっと他人の悪口ばかりで・・・しかも大声。なんだかなぁ。
ってことで早々に店を出て次に行こう。

(takumi)
東京都港区新橋4-20-8 フジビルB1
03-3578-1333
営業時間:17:00~23:30
定休日:日曜日



居酒屋 / 汐留駅新橋駅御成門駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


酔鯨 特別純米
次に入ったのは新橋駅 烏森口からすぐの角打ち屋という店。日本酒は高知県の酔鯨 特別純米。しっかりと米の旨味を感じるお酒だなぁ。
ハノイ出身の店員さんがテキパキと働く感じの良いお店です。

ポテサラ
マグロの酒盗のかかったポテサラをつまみにちびちびと。

この夜はこのぐらいにしてホテルへ。
次回の東京は10月か。今度はどの街に繰り出そうか・・・。

新橋 角打ち屋
東京都港区新橋3-18-5
050-5571-7717
営業時間:17:00(土・日・祝日は14:00)~3:00(金・祝前日・土・日・祝日は4:00)
定休日:無休



新橋 角打ち屋居酒屋 / 新橋駅汐留駅内幸町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

コメントを残す