鮎の塩焼き

長浜市・夏!鰻もいいけど鮎もいいね。鮎茶屋かわせで鮎三昧してきました。

次の目的地に向かう途中、琵琶湖の横を通ったので夏の川魚の代表、鮎を食べることにしました。
鮎って沖縄じゃなかなか食べられないですからね。

鮎茶屋 かわせ
立ち寄ったのは長浜市にある鮎茶屋 かわせです。鮎づくしなコース料理が楽しめるお店のようです。

鮎の刺身
コースもありますが、アラカルトもOKということなので、今回は食べたいものをチョイスして食べることにしました。
まずは珍しい鮎の刺身。鮎といえば塩焼きが多いですが、近くで捕れる&養殖しているからこその新鮮な鮎だから食べられるんでしょうね。コリコリといい歯ごたえです。爽やかな香りで生臭さもありません。

ビワマスの刺身
ここでは琵琶湖にしかいないビワマスの刺身も食べることができます。鮭よりも歯ごたえがあり、ニジマスよりは鮭に近い味でした。

寿司盛り合わせ
ビワマスのお寿司もあって美味しかったですよ。

卓上グリル
塩焼きはテーブルの上に設置されている卓上グリルを使って自分で焼きます。といっても入れておいて途中でひっくり返すだけ。

鮎の塩焼き
くぅ〜!たまらんね。ホクホクでホロ苦な鮎最高!一人二匹はいけちゃいますよ。

小鮎の天ぷら
小鮎の天ぷらもオススメ。大きさにバラツキはあるけど、小さいほうがサクサクホクホクと好きだなぁ。

夏は土用の丑の日で鰻がもてはやされがちだけど、川魚だったら旬の鮎も負けてはいませんよ。
こちらはコース料理もあるけど、アラカルトで食べたいものをちょこちょこ食べるのがいいかも。塩焼きと刺身は忘れずにね。
久々に梁にも行ってみたいなぁ。東海地方の梁だったらやっぱり岐阜?愛知?

鮎茶屋 かわせ
滋賀県長浜市南浜町53
0749-72-4110
営業時間:11:30~21:00
定休日:月曜日(3〜10月は無休)



鮎茶屋 かわせ魚介・海鮮料理 / 長浜駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

コメントを残す