Hủ Tiếu

ダナン・夜の屋台メシはあっさりコシのあるHủ Tiếu(フーティウ)が美味しい♪

今日もまたベトナムの麺料理事情をひとつ。
Hủ Tiếu(フーティウ)って麺なんですが、フォーともブンとも違った食感で、ベトナムの麺料理はホントに楽しいんです。

屋台
ダナンの街には、夜になると路地のあちらこちらで営業を始める小さな屋台が多く、このHủ Tiếu(フーティウ)の屋台もその一つ。もちろんベトナム語以外通じないので指差しとメニュー名連呼でなんとかクリア(笑

唐辛子とライム
雨上がりの夜空を眺めながらまつこと2分ほどで美味しそうな匂いがしてきました。

Hủ Tiếu
これがHủ Tiếu(フーティウ)。大きな骨付きの牛肉や干しエビ、うずらの卵、どくだみなどのハーブが見えますね。

コシのある麺
スッキリとした牛骨ベースのスープに、ツルッとコシのある細麺が合いますね。どっさり乗ったハーブも、麺をひっくり返してスープの中に沈めてしまうと自然に軽く火が通った感じになってもりもり食べられてしまいます。フォーより甘めのスープなので、途中でライムを絞ると劇的変化でさらに箸が進みます。
ベトナムと言えばフォー、ダナンといえばミー・クワンと決めつけずいろんな麺を食べるのが楽しいなぁ。

店名は分からないけど、ほぼ毎日このあたりに店を出していましたよ。


コメントを残す