マウント・クック国立公園への道

NZ紀行 Day4・ニュージーランド最高峰のマウント・クック(の麓)へ

深夜まで撮影をしていたけど、早めに起きてもう一度善き羊飼いの教会へよって撮影。今日もスッキリ晴れていますなぁ。
この日はテカポ湖からプカキ湖脇を通ってマウント・クック国立公園へ向かいます。

プカキ湖
プカキ湖まではいつも通り100km/hの法定速度で走って約20分。テカポ湖にも負けないぐらい青い湖が見えてきました。遠くに見える雪をかぶった山がニュージーランド最高峰のマウント・クック(標高3,724m)です。この麓にあるマウント・クック・ビレッジのコテージがこの日の宿になります。

アオラキサーモン
プカキ湖の休憩所にこの地域で養殖されているアオラキサーモンのショップがありました。フレッシュなサーモンの切り身やスモークサーモンなどがずらりと並んでいますね。

プカキ湖とアオラキサーモンの刺身
その中から刺身を買ってオヤツに。南半球のこんな景色を見ながら、醤油と山葵で刺身を食べるとは思いもよらなかったよ。そして何より美味い!

Twizel Bakery Cafe
マウント・クック国立公園に向かう途中でトゥワイゼルという町に立ち寄って軽くランチ。

ステーキパイ
これもニュージーランドの名物料理なのかな?各所で焼きたてのミートパイが売られています。

ステーキパイ
ラムやチキン、チーズなどいろいろありましたが、今回はステーキ&マッシュルーム。ガッツリ胡椒が効いていて美味しいなぁ。コーヒーじゃなくビールが欲しくなる(笑

マウント・クック国立公園への道
右手にプカキ湖を見ながら、氷河が作り出した谷間を進んでいきます。奥には雲をかぶった南アルプスが見えていますね。

本日の宿
こちらがこの日の宿、Mt.Cook Village Aoraki Courtです。山が近い!

エドモンド・ヒラリー
宿で一休みした後で、近くのThe Hermitage Hotelに行って翌日のグレイシャー・エクスプローラー(氷河クルーズ)の予約とエドモンド・ヒラリー博物館を見学。
エドモンド・ヒラリーってのはニュージーランドの登山家で人類初のエベレスト登頂に成功した人物。このマウント・クックで訓練をしたんだそうです。

本日のビール
そして今日も晩ごはん前に軽く一杯。本日のビールは Monteith’s Bohemian Pilsner。ドライでホップの香りが強めな夏っぽいピルスナーでした。
さてさて、晩ごはんは何かな〜。


NZ紀行

  1. ANAのマイルを使ってビジネスクラスで北京へ
  2. 北京からAir Chinaでニュージーランド上陸!
  3. Day1・ロストバゲージとクライストチャーチの夜
  4. Day2・C ONE ESPRESSOで朝食を
  5. Day2・レンタル自転車でクライストチャーチ市内散策
  6. Day2・ランチはRe:STARTのBASEで窯焼きピザ
  7. Day2・これぞKiwi料理!?肉4種盛りとスモークサーモン
  8. Day3・3人集合!レンタカーでレイク・テカポへ
  9. Day3・アオラキ・サーモンとテカポの星空
  10. Day4・ニュージーランド最高峰のマウント・クック(の麓)へ

コメントを残す