blueLounge Kickflip

MacBook Pro 15“ Retinaが絶賛熱暴走中! blueLounge Kickflipで放熱出来るか?

ここ数ヶ月、MacBook Pro 15” Retina(Mid 2012)の熱暴走が激しいんです。
ファンがブンブン回り、文字入力だけでレインボーホイールが回ってしまう有り様・・・どうにかならないものか。

アクティビティモニタを見てみると、kernel_taskというプロセスのCPU使用率が300%を超えていたりして、まさに「暴走」しているんです。
強制的にファンを回して放熱して暴走を止めることも出来るんですが、ウルサイのは嫌なので、こんなものを買ってみました。

blueLounge Kickflip
日本ではトリニティが正規代理店をしているblueLoungeのKickflipです。これはMacBook Proに最適化された折りたたみ可能なスタンドで、畳めばフラットに、立てれば約3cm高くなります。

内容物はこれだけ。
内容物は本体だけ。プラスティック製ですが思ったほど安っぽくなくてよかった。表面はさらっとしたつや消し加工をされているので傷が目立たないのもいいですね。

粘着は貼り直しできます。
MacBookへは粘着ジェルで貼り付けます。耐震ジェルシートの様なものといえば分かるかな?この粘着ジェルは洗って再利用ができるので、複数のデバイスで使うことが出来るし、剥がしたあとに糊残りがないのが嬉しいです。

取り付け簡単
取り付けは粘着ジェルの保護シートを剥がして貼り付けるだけ。MacBookを裏返してヒンジを奥においた場合、blueLoungeのロゴが正位置で見れるように(立ち上がる方がトラックパッド側)貼り付けます。簡単。

角度と放熱バッチリ!
というわけで実際に使ってみました。
まず、やっぱり放熱よりも気になったのがキーボードの打鍵のしやすさです。角度がMacBook Proに最適化されているだけあって絶妙。放熱に関しても効いているっぽく、kernel_taskのCPU使用率が8%ぐらいで止まっています。正常値ですね。
畳んだ状態では引っ掛かりもなく今まで使っていたスリーブケースでも問題なく使えました。

実はこの商品、1年以上前から発売されているんですよね。もっと早く買っておけばよかった・・・。

コメントを残す