小島シェフがわが家にやってきた!

昨日は毎月のホームパーティの番外編ということで、あの「名前のない料理店」の小島シェフにケータリングをお願いしてのパーティでした。

料理については説明するまでもないのでまずは写真だけでも。

小島シェフがうちのキッチンで・・・庭で食べるのも一興前菜・島カボチャと島ニンジンのテリーヌチマグ(腕肉)とテールの煮こごり、読谷の間引きメロンとヘゴのマリネ。青空放牧豚アグーの自家製生ハムとパンデピス。肩ロースのハム。 タカセガイのスープとそのスープで炊いた玄米とタカセガイをコールラビで巻いたものミジュン(イワシ)、青ハンダマーを重ねたもの。島にんにくと島大豆とカーブチーのギモーブタマン(ハマフエフキ)のゴボウソース プチプチと玄麦が面白い紅芯大根の煮付け マスタードには長命草が入っているアグーの肩ロース・すね肉の煮込み。青レモンのシャーベット、カカオのケーキ、パパイヤのタルト、穀物(玄麦)とシークヮサーのケーキ小島シェフ(後ろは無視してください:笑)

どれも地のもの、オーガニックなものを使っていて、素朴な感じ。
中でも肩ロースのハムは絶品!
開始直後は夜露が落ちるほどの湿気だったのが気にならないほどになり、空には笠をかぶった月が明るく出ていました。
ワインは6人で10本近く空き、最後は小島シェフも一緒になって飲んで楽しい時間を過ごすことができました。

本当にすてきな料理を作ってくれた小島シェフをはじめ、このためだけに滞在時間24時間未満で来沖したけつさん、企画発案のてんもりさん、アルコール提供のJ子、みゃんこさん、きたっち、ありがとうございました。
またいつか小島シェフを招いてのホームパーティやりましょうね!

「小島シェフがわが家にやってきた!」への8件のフィードバック

  1. すてきなひとときありがとうございました!!
    なにもかもがおいしすぎて飲みすぎちゃいました>_<反省です。。。

  2. ピンバック: けつログ
  3. わぁ、どれも小島さんの料理ワールド全開ですね!
    どれも食べてみたい。
    テリーヌと、デザートのプレートがとっても気になります。
    地元食材万歳!ですね。
    柏の、今の旬の食材はカブですかね、、、

  4. >きたっち
    飲み過ぎちゃうぐらい美味しかったですね〜。
    またやりましょう!

    >しゅうこちゃん
    カボチャのテリーヌ絶品でしたよ。
    カブかぁ、小島シェフだったらどんな料理になるかなぁ!?

  5. ステキやのーーぅ!!!!!

    お料理もステキだし、おうちもキッチンもステキです?

  6. その節はお世話になりました。
    ホストのkawa夫妻のおもてなしに、沖縄の恵みいっぱいの小島シェフのお料理に
    ぼんやりと空高くひかる半月に、とろける幸せを味わう夜でした。

    いやぁ、喰った飲んだ笑った!

    ありがとうございましたっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です