水中デジカメ新調

夏の準備はOK!水中用デジカメを新調しました。

以前から(ほぼ妻が)使っていたFUJIFILMのFinePix Z23WPがさすがに見劣りしてきたので、イオンモールのオープンと新製品が発表になるタイミングで新調しました。

OLYMPUS TG-850
新製品が出るタイミングと言っても新製品を買うわけじゃなく、型落ちして安くなったタイミングで狙っていた前モデルをゲット。
購入したのはOLYMPUS TG-850。型落ち&オープン記念の値引き+ポイント使用で15Kで購入。安く買えたぞ♪
オリンパスは水中撮影が得意でいいんですよね。TG-850も多分に漏れず水中モードを搭載している10m防水。Z23WPと比べるとかなりゴツくなっちゃいましたが、2.1mの高さから落としても大丈夫だという耐衝撃性能もアップしているのでしょうがないか・・・。
レンズが21mmという広角なのがこの機種を選んだ一番の理由です。景色を撮ることが多いし、自分撮りでも広く、だいたい1.6倍ぐらいになっちゃう水中でも21mmのワイドな画角なら撮りやすいかなと。

実際の撮影感はこんな感じ。

右矢印で24mm相当、35mm相当の画角もアップしています。

大きな3インチ可動モニタ
撮影モードはシンプル。カメラにあまり詳しくない女性が使うにはiAUTOが楽でいいかも。焦点距離で自動的にマクロモードになってくれるのは嬉しいな。

自分撮りもらくらく
背面液晶は3インチのバリアングルモニタ搭載。自分撮りはほとんどしないけど、ローアングルにいい。

2重ロックで安心
衝撃&水中でも誤操作しづらい2重ロック。Z23WPが個人的に不安だったので、面倒でもこのぐらいが安心するなぁ。

水中デジカメ新調
かなり大きさが違うなぁ。個人的にはビーチなどに置き忘れないように派手な色が欲しかったんだけど。派手な色もそれはそれでマクロモードの時に色が写り込んじゃうとかあるけどね・・・。
とりあえず、水中は7月の宮古島で本格使用かな。レビュー続けます!

コメントを残す