iOS7

iOS7用アイコンのためのPSDテンプレート

iOS7になって、アイコンのフラットデザインばかりが取り沙汰されていますが、実はアイコンの角丸も微妙に変更されていたのでした。

そして、その変更された角丸ってのがかなりのクセモノでして・・・。
iOS6までのアイコンのように単純な角丸ではなくなってしまったのです。
「単純じゃない角丸」ってなんだ?

アプローチR

単純じゃない角丸ってのは「アプローチR」というらしいです。
ナニソレ?美味しいの?って感じですが、実はこのアプローチR、iPhoneを始めとするApple製品やそこに使われるアイコン(iPhoneのホームボタンアイコンなど)に使われているそうですよ。
アプローチRの何が「単純でない」かというと、アプローチRにはクロソイド曲線という数式が使われていて、通常アイコンをデザインするのに使うPhotoshopやIllustratorの「半径◯ピクセルの角丸」では描けないんです。

じゃ、どうするの!?

アイコンの角丸の沿ってフレームが有るようなデザインでなければ、正方形の画像をアップすれば自動的にマスクされて「ハイ、出来上がり!」なんですが、そうじゃない場合は・・・。
そういう時のためにこういう便利なものがあるんですね〜。

App Icon Template
App Icon Template

ホント、ここには毎回お世話になってます。
仕事が早いってステキ。

っていうか、アプローチRを簡単に描く方法って計算で出す以外ないんですかね?
PhotoshopやIllustratorで簡単に描けるようになるプラグインとかフィルタあったら教えて下さい!

コメントを残す