Adobe CC 雑感|Photoshop CCの新機能

18日正午にリリースされたAdobe Creative Cloud。
早速いろいろ・・・と試してみたいけど、忙しくてほとんど触れていないのが現状ですがPhotoshop CCだけチョロっと。

Photoshop CC
まずはやっぱり目玉機能であろう「ブレの軽減」から。
「ぶれの軽減」は【軽微な】手ぶれ写真をシャープに補正してくれる機能です。
アンシャープマスクとは違うアルゴリズムで、細い線、点なんかが結構効果的に解像感を上げてくれます。
ただ、やり過ぎるとゴーストがでたり、油絵的なベタッとした感じにもなりかねないのであまり派手にブレた写真には使えませんね。

Photoshop CC新機能「ブレの軽減」

(クリックでFlickrに飛びます)
腹のあたりのウロコ感がアップされているのが分かるでしょうか。

個人的にはいままでBridgeなどから起動していた「Camera Raw」プラグインが、Photoshopの中でフィルターメニューとして使用できるようになったことが嬉しい。
RAWの現像だけでなくJPEGでも色温度の調整やノイズ除去は純正の中では優秀なので結構多用したりしています。

あとはアンシャープマスクの「わざとらしさ」が軽減されたことや、広角補正もかなり強力。

Fireworksの開発終了を受けてWeb制作のワークフローにどこまでユーザーを引き止めて置けるかがキモになってくるかもしれませんね。
個人的にはずーっとPhotoshop派なので、Illustrator CCの機能拡大と連携の良さでこれからも使い続けることになりそうですが。
あぁ、早くIllustrator CCをゴリゴリ触りたい・・・。

コメントを残す