台湾旅行でiPad miniが大活躍

台湾旅行で何より役に立ったのがiPad miniでした。
今回はモバイルWi-Fiルーターをレンタルしていったというのもあるんですが、オンラインの情報以外にもちょっとした準備でとっても役に立ちますね〜。

そのちょっとした準備というのは「思いつくフレーズを中国語にしてiPadにいれておく」だけです。
よく使うのはやっぱり泊まっているホテルの住所や行きたいところの住所など。
その画像をタクシーの運転手さんに見せれば一発で理解して連れて行ってくれますよ。
あと「日本語が分かる方はいますか?」なんてのもあると便利ですね。

日本語が分かる方はいますか?

買い物の場合、ほとんどは指差しでなんとかなるんですが、行きたいところとかは雑誌の記事なんかだと文字が小さくて年配の運転手さんだととても見にくいようです。
その点iPad miniぐらいのサイズがあると見やすいですよね。
もちろんiPadでもいいんですが、歩きまわることを考えると重くて。

手書きも便利

今回の台湾旅行のように行き当たりばったりの旅行の時には準備していたフレーズだけでは足りませんでした。
そんな時はiPadのお絵かきアプリを使って、手書きすればOK。
今回は無料のBamboo Paperを使いました。

あとはやっぱり最初にも書いたけど、ネット環境があるって便利。
SoftBankの「海外パケットし放題」などを使うのももちろん手軽でいいのですが、上限の2,980円/日というのはやっぱりちょっと高い・・・。
そこで今回利用したのがグローバルデータのMiFiをレンタルして行きました。
こっちは渡航先で変わりますが、今回の台湾は680円/日なので約1/4でネット環境が手に入ります。
もうちょっと頻繁に海外に行くなら、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターを買って、現地のSIMを使うというのが一番安いんでしょうけどね。
オレにはレンタルで十分だ(笑

Bamboo Paper – ノート App

カテゴリ: 仕事効率化

価格: 無料

コメントを残す